妻の弱みにつけこんだ友人

浮気の原因はパチンコの借金

妻が友人と浮気していました。原因は妻がパチンコで作った10万円の借金。
妻は借金が私にばれるのを恐れて、密かに友人に相談していたのです。

私は父の跡を継いで小さな会社を経営していました。父の教えは厳格で、私は1円の金の出し入れにも気を配っていたので、妻は借金のことを私に言えなかったのでしょう。

スポンサードリンク

3学生時代からの付き合い、友達から恋愛へ

私と妻と友人は同じ高校の同級生で、高校時代はどこに行くにも一緒でした。私も友人も妻に恋心を抱いていましたが、何事もなく高校生活は終わりました。

3人の関係に変化が訪れたのは大学に入ってからでした。私と妻は東京の大学に進み、友人は地元の大学に通ったのです。誰も頼る人のいない東京で、私と妻は自然と男女の仲になりました。

友人が抱く自分への劣等感

その後、大学を出た私と妻は地元に戻り、また3人で会うことが増えました。
浮気がわかってから妻が話したことによると、友人は私に対していろんな思いがあったようです。

高校の頃は私のほうが成績がよかったし運動もできた。社会人になると私は会社社長。しかも恋の競争でも私が勝った。何ひとつ私に勝てないと友人は言ったそうです。

友人は少なくとも表面上は普通に接していたので、そんなことを考えているとは思いもしませんでした。
そんな友人に妻は借金の相談をしたのです。

相談から不倫関係に発展した妻と友人

友人はネットで株をやっていてそこそこ儲けているようでした。妻は株のノウハウを教えてもらって借金の穴埋めをしようと考えたのです。

株なんか素人がやってうまくいくはずがありません。妻の借金はたちまち30万円に増えてしまいました。
どうしようもなくなった妻は友人に泣きついて、なんとか株の損を取り戻すことができました。

妻と友人の関係はこの頃からでした。一度だけ妻と友人を交えて話し合いをしましたが、そのとき見せた友人の勝ち誇ったような態度はいまでも忘れません。

彼は妻を寝取ったことで、やっと私に勝てたと思っているようでした。これは私がそう思ったのではありません。妻が私に、友人がそう言っていたと話してくれたのです。

離婚は必然的なことだったか…

もしかすると、友人は最初から計画的に妻をハメたのではないかという気もします。わざと妻が株で損するように仕向ければ、泣きついてくることはわかっています。あとは妻の弱みにつけこめばいいわけですからね。

離婚が決まると妻も本性を見せました。
「本当は○○(友人)のほうが好きだったのに、あんたと東京に行ったばっかりに私の運命が狂った」
妻はそうわめいたのです。
運命が狂ったのは私のほうも同じなのですがね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。