ちょっと待って!相談する相手を間違えてない?

机

「離婚」が結婚よりも大変なのは、身近に相談できる相手がいないからだと言われています。

誰かに相談したいけど、ちょっと待って!相談相手を間違えると大変なことになりますよ。この悩み、一体誰に相談すればいいの?

スポンサードリンク

離婚を考えた時、誰に何を相談したらいいの?

「離婚」は、最終的には夫婦である夫・妻が自分達の意志で決めることです。双方の合意があれば離婚、そうでなければ調停・裁判と第3者の判断に委ねることになります。

しかし離婚するか、しないかを含め、結論が出るまではたくさんの悩み、迷いがあるでしょう。

また「離婚」の理由など、人に知られたくないこともあるため、誰にも相談できない人もいるでしょう。

これからの生活への不安、子どもへの配慮、パートナーへの負の感情など、あなたの心は乱れに乱れ、誰に何を相談していいかさえ分からない状態になっているかもしれません。

もし今のあなたがそうなら、少し冷静になって、自分が「何に悩んでいるのか」を箇条書きにしてみて下さい。

「悩み」自体に悩まされ、ムダな時間とお金を費やすことがないように。「悩み」を整理してみませんか?。

具体的な悩みは「弁護士」に相談しよう!

離婚についての悩みを弁護士に相談する場合は、悩みの内容が具体的で、希望としてはこうしたいが、具体的にどうすればよいか、という形になってから相談しましょう。

離婚に対する不安、パートナーの悪行に関する愚痴などを話すべきではありません。高い相談料が無駄になります。

具体的には

  • パートナーの不貞で慰謝料を貰って離婚したい。慰謝料はどれくらい請求できるか?
  • 子どもの親権を確保したい。どのような実績・手続きが必要か?
  • 財産分与・養育費で揉めている。希望通りの額を得るためにはどうすればよいか?
  • 離婚したくない、こちらで打てる手立てはあるか?

などが相談内容として適しています。

相談相手となる弁護士は「離婚」案件に実績のある弁護士を選びましょう。

知り合いからの口コミがあれば一番よいのですが、そうでない場合は地域の弁護士会に問い合わせるか、国や市町村が主催する無料の法律相談会で紹介してもらいましょう。

心理的な悩みは「離婚カウンセラー」に相談してみて!

「離婚カウンセラー」とは、離婚に関する様々な知識を利用して、離婚に関して悩む人達の心理的援助を行うスペシャリストのことで、友人・知人と違う点は、訓練や勉学で得たカウンセリング技術により、相談者の心のケアをきちんと行えるところです。

彼らの前では、悩みを整理する必要はありません。心の中を全て吐き出すつもりで悩みを打ち明けましょう。愚痴でも構わないのです。

  • 離婚するか迷っている
  • 突然離婚を言い渡され、どうしていいかわからない
  • パートナーの浮気が発覚し、裏切られた気持ちで一杯で、仕事や家事・育児が手につかない。

こんな悩みはぜひ彼らに相談して下さい。日本はカウンセリングの習慣が欧米に比べあまりなく、気後れするかも知れませんが、そんな時は複数のカウンセラーに相談し、自分に合う人を探してみて下さい。

自治体の男女共同参画推進センターや女性センター、NPO法人などで無料相談できます。

友人・知人に相談する時は

離婚の悩みを誰に相談したかというアンケートの中で、最も多いのが「友人・知人」です。

これまでも仕事や恋の相談をしてきた相手に、同じように離婚の相談をするというのはとても理解できます。

しかし注意して欲しいのは、友人達はあなたの思うような言葉をくれるとは限らないということです。

離婚する、と告げたあなたに「あなたなら大丈夫、応援するから頑張って」と賛同の言葉をかけてくれるとは限りません。

世の中には色々な価値観があり、友人は「離婚否定派」かもしれないからです。離婚の相談が元で意見が分かれ、関係が疎遠になってしまうこともあります。

彼らはカウンセラーではないので、あなたの心を軽くするための言葉ばかりを言う訳ではないのです。

友人・知人に相談する際は、あくまで参考意見としてアドバイスを聞く、くらいの軽い気持ちでいましょう。

参考サイト・文献
 子連れの離婚について
 夫婦カウンセラー
 離婚相談、無料でできるところをご案内

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。