知りたい!「離婚弁護士」への相談内容

事務所

「離婚弁護士」に依頼することが珍しくなくなったといっても、離婚経験者が全員弁護士に相談しているわけではありません。

人はどんな時弁護士を依頼し、どんなことを弁護士に相談しているのでしょうか

スポンサードリンク

離婚弁護士が必要とされる訳

離婚に際し「離婚弁護士」に依頼することが、そんなに珍しくないご時世になったといっても、離婚経験者が皆、弁護士に離婚相談をしているわけではありません。

何しろ弁護士に依頼するにはそれなりの金額がかかりますので、弁護士なしで離婚した方が経済的であるのは間違いありません。

当事者同士の話し合いで円満に離婚できるなら、それが一番手っ取り早く、安上がりな離婚方法です。

では何故弁護士に依頼する人がいるのでしょうか。それは離婚がもう避けられないのなら、せめて自分の希望に沿った離婚をしたいと思うからです。

離婚しようと思う相手に対して、負の感情を抜きにして冷静に対応できる人はなかなかいません。

中にはまともな話し合いすらできないという人もいるでしょう。そんな時、自分の代わりに相手と交渉してくれる代理人として、弁護士は必要とされるのです。

知りたい、どんなことを相談しているの?

では人は「離婚弁護士」にどんなことを相談しているのでしょうか。そこの所をもう少し詳しく見ていきたいと思います。

多いのは「調停離婚」に関する相談です。一口に離婚といっても、離婚の仕方にはいくつかの種類があります。

最も多いのが「協議離婚」といって、当事者同士の話し合いで離婚が成立するもの。

次に当事者同士の話し合いでは折り合いがつかず、家庭裁判所の調停員が間に入ることで成立する離婚のことを「調停離婚」と言います。

この場合、調停員は双方の主張を考慮した上で、離婚の条件などを決めていくのですが、相手が口達者だったり、法律関係に詳しい人だったりすると、言いくるめられ、自分に不利な条件で離婚される恐れがあります。それを防ぐために弁護士に相談するのです。

相談内容をもっと詳しく知りたいんだけど。その1

では「調停離婚」の相談には具体的にどんな内容があるのでしょうか。

まず「慰謝料」に関する相談。これは例えば相手の不貞により離婚をする場合、パートナーや不貞相手に対して、自分が負った精神的・経済的苦痛を金銭に換算して請求するもの。

いかにその苦痛が大きかったかが、慰謝料の額を左右するため、離婚弁護士の経験やノウハウが発揮されるところです。

他には「財産分与」といって、結婚期間中に築いた資産は、両者が共同で築いたものとして離婚時に双方に分けられるのですが、その額(基本的には夫婦折半)についての相談や、「婚姻費用」といって、離婚していない期間中、相手に支払われるべき生活費など費用についての相談などがあります。

これらも相手によっては、資産を隠されたり、別居しているからと貰えなくなったりするため、弁護士がいる方が良い場合が多いです。

相談内容をもっと詳しく知りたいんだけど。その2

その1では主に金銭的な相談について説明しました。他にはどのようなものがあるのでしょう。離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合には、「親権」に関する相談が挙げられます。

親権とは簡単にいうと、子どもを養育し、成人になるまで監護する親としての義務や権利のことなのですが、離婚する場合、どちらが親権を持つかを決めなければ離婚届けすら役所で受理してもらえません。

そこで親権についての話し合いがこじれた場合、弁護士に依頼することで親権を得たり、監護権といって、子どもを手元に置いて養育する権利などを得ることができます。

また「親権」と合わせて相談されるのが「養育費」について。「養育費」は子どもが原則成人するまで支払われるお金のことですが、その金額や支払が滞った場合の対応なども、弁護士の仕事です。

参考サイト
 LEGAL MALL BY VERYBEST 
  ベリーベスト法律事務所がお届けする「使える!役立つ!」法律情報サイト
 弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイド

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。