依存癖

依存癖は治せませんでした・・・

依存症な夫

主人は、精神的に未熟というか、弱いところがあり、何かによりかかろうとするところがあったんですよね。良い表現をすれば甘えん坊って感じなのでしょうか?わたしはどちらかというとかわいい男性は好きだったので、あまりそういうところは嫌いではなかったのですが・・・

お酒とたばこに依存する夫

結婚後、一緒に暮らすようになってわかった事が、彼の依存癖でした。ストレス発散の仕方がとても下手な人で、仕事などで溜め込んだストレスを、回避する方法を知らず、家に帰ってきたら、いつもお酒とたばこに逃げていました。

その量が尋常ではなく、たばこは一日に4箱以上も吸うヘビースモーカー+チェーンスモーカーでしたから、もう止める事が出来ませんでしたし、お酒もワインだ焼酎だと、水のように毎晩ひとりで飲み明かしていました。

多額な出費、暴力も加算

たばことお酒だけで毎月20万くらいは使っていました。もうやめてほしいと何度も注意したのですが、それが次第に暴力へと変わり、わたしを殴ってストレスを発散するようになったんです。

わたしもボロボロの状態にありました。そこから離婚へ踏み切るまではそう時間はかかりませんでしたが、治すからと言ってそれを信じては裏切られるという日々が何度も続きました。

依存癖は治らないと悟る妻

麻薬中毒などと同じく、自分の意志だけで依存癖を治す事は、とても難しい問題かなというのが、正直な感想です。たばこなどは特に、ニコチン中毒という病気らしいので、一本吸うと10年は吸い続けると言われているほど、中毒性の高い危険なものらしいですね。

なので、お酒にも言える事ですが、依存癖の人にはこういったものを与えないように注意しないと、相性は悪い意味で最高なので、どんどんと酷くなっていきます。最終的な結論としては、依存したいという気持ちが強い人といると、自分まで潰れてしまうという事です。

なので、結婚するのであれば、しっかりと自分の足で立って行ける人でなければ、同じ人生を歩むのは難しいかもしれません。

-依存癖

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5