つないできた絆の糸、切れたのは一瞬でした。

わたしたちの離婚劇

子供が産まれたあたりからか、彼が変わってしまい、仕事仕事で、家に帰らなくなりました。

彼は浮気するような人ではありませんでしたし、そのような気配もまったくありませんでした。ただ、仕事に逃げ、家族と向き合おうとはしませんでした。一度もです。わたしの両親は、愛のあるとても暖かい家庭に育ったため、彼とわたしが築いて来た家族には、とても違和感を感じていました。

スポンサードリンク

夫だけが家庭内で孤立状態、ついに離婚へ

わたしたちは2人の子供が授かりました。彼等も、旦那さんにはなつきませんでしたし、一度も相談したりするような事もありませんでした。相談はすべてわたしを通しておこなわれ、結果的に旦那さんは家で孤立する形になっていったのです。

このような家庭で、30年が経ちました。ずっと我慢してきましたが、わたしよりも大変な思いをしている人はたくさんいると思いますし、わたしは特にDVを受けたわけでも、経済的不満があったわけでもありませんから、方向性の違いといった感じの離婚でした。

30年以上つむいできた糸が、切れるのは本当に一瞬でした。特に何があったわけでもないのです。ただ、何かが心の中でプツッと切れる音がしたんです。それから離婚となるのはすぐでした。

主人は驚いていました。彼が初めて見せた、人間らしい表情でした。彼はきっと、仕事に逃げていた自分に気づかなかった。本当は家族と関係を築きたかったのに、怖くてできなかったんじゃないかなと思いました。

温かみのある家庭を作りたい

わたしの夢は、暖かい両親が築いたような家庭を築く事でしたから、友人の紹介で出会えた男性と、この年齢で恋にお恥ずかしながら恋に落ちてしまい、今はその方と再婚し、幸せに過ごしています。

やはり、結婚は自分だけの問題ではないので、理想の夫婦になるには、自分だけでなく、相手にも半分原因があります。ですので、自分にぴったりの人を探し続ける、終わらない旅みたいなものなのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。