湯水のように趣味にお金をつぎ込む夫

別れた夫との離婚の原因は、金銭感覚のズレでした。お互い趣味のアニメを通じて知り合い、結婚したので、夫をオタク趣味だとは全く思いませんが、まさかアニメグッズにこんなに散財する人だとも思っていませんでした。

スポンサードリンク

結婚したとたんに金銭感覚が崩壊

夫が散財するようになったきっかけは、結婚により私と夫の収入が世帯収入として夫に認識されたことにありました。

結婚当初、私はフルタイムで働いていましたので、何を勘違いしたのか、夫は収入が2倍になったような感覚に陥ったようなのです。私という扶養家族が増えたとはこれっぽっちも思わず、結婚してからは、休みのたびに街へ出ては、アニメ関連グッズを大量に買い漁るようになりました。

もともと、夫は実家暮らしで自分の収入は好きなように使っていたようなのです。しかし私と付き合い出してから、結婚を意識して一時的に節約し、自分の浪費癖を隠していました。

結婚するまでに1年半も付き合っていながら、私も夫のそんな面に全く気が付きませんでした。

少しはセーブして欲しいと伝えてもダメ

アニメファンであること自体は全く否定しません。しかし、夫は好きなアニメのこととなると、常軌を逸してしまうようでした。

このままでは、将来私が仕事を辞めたり、子どもができて産休に入った途端、生活が破たんするのは目に見えています。

共働きだというのに貯金もままならず、まるで私の収入で夫を養っているような状況に、私は何度も「この状況はおかしい、お金の使いすぎだ」と夫に訴えたのですが、全く聞く耳を持ちません。

夫曰く「2人で働いて、生活できているんだから問題はないじゃないか。」

「問題が起きたらその時考えればいい」

「自分の稼いだ金をどう使おうと、人に文句を言われる筋合いはない」だそうで…。

完全におかしな方向に向かっていると正直ぞっとしてしまうほどでした。

夫の両親にも相談したのですが

夫との話し合いでは埒が明かないと思い、私は夫の両親にも相談しました。

しかし、これまた話にならず、一生懸命働いて稼ぐ息子の趣味のひとつも認めない「心の狭い妻」と認定される始末でした。

このまま一緒に生活していくと、待っているのは夫の散財の後始末に奔走される、ストレスフルな生活しかありません。そんな生活では、私までいつかおかしくなってしまうと思い、夫に離婚を切り出しました。

夫にとっては離婚をしても実家に戻るだけで、また同じように収入分、好きなアニメグッズを購入できるため、全くダメージは感じていないようでした。

最後の最後まで、私に対しては何の執着もない離婚で、この結婚は一体なんだったんだろうと、今でも狐につままれたような気分です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。