こんな素敵な嘘もあるんですね。

1年前に離婚

私も妻も、お互いに仕事が忙しくて、
夫婦の会話もなくなっていました。

疲れやストレスのせいもあるかと思いますが、
いつもイライラとして、相手を気遣うどころか、
たまに口を開けば、傷つけてばかりでした。

そんな夫婦生活に耐えられなくて、どちらかともなく、
離婚を口にしていました。
結婚して、わずか2年間でした。

離婚届は妻が提出

提出しておいてくれるというので、
離婚届けに署名捺印して、妻に渡しました。

孤独な生活
実家は遠くなかったのですが、
何となく、そのままの部屋で、一人暮らしをしていました。

ところが、少しすると寂しくて仕方なくなりました。
休みの日も何もする気になれないし、
どんなに遅く帰っても、家には誰もいない、というのがたまりません。

新しい恋でもしようか、と考えてはみても、
出会いもありません。
それに、自分から行動を起こすのも面倒くさくて……。

孤独な生活が辛い、元妻に連絡

お互いの気持ち
何となく携帯を手に取り、元妻に電話をしていました。

どんな反応をされるのか不安でしたが、
彼女も同じような気持ちだったようで、
連絡しようかと思っていたそうです。

それからは、また恋人時代に戻ったように、
暇を見つけてはデートをするようになりました。

元妻とやり直したい、相手の気持ちは?

彼女の気持ちを確かめるには、かなりの勇気が必要でした。
「もう一度、やり直さないか?」
「もう、やり直してるじゃない?」

とんでもない嘘
「いや、そういうことじゃなくてさ……」
「もう一度、結婚しようってこと?」
「うん。君さえ良ければ、再婚しようよ」

彼女は、そこで黙ってしまいました。
迷っているのか、困っているのか、私は不安になりました。

その後、彼女が話してくれたことに、
私は本当に驚かされました。

出されていなかった離婚届に喜びの涙

離婚届けを出そう出そうと思っていたそうですが、
仕事の忙しさで伸び伸びになっている内に、
私から連絡があり、そのままになってしまったと言うのです。

そう、つまり、離婚届けは提出されていなかったのです。
私たちは、離婚していたわけではなく、
ただ別居していただけだったのです。

私は、久しぶりに本気で心の底から笑いました。
妻も、涙を出しながら笑っていました。

-

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5