昇格後のストレスから夫がEDに…私は子供が欲しい!

子供が欲しかった私、出来なくなった夫

夫とは転職先で上司と部下の関係でした。
歳も3歳しか変わらず、一緒に残業する時間が増えるにつれてお互いに惹かれあい、男女の関係になるのに時間はかかりませんでした。

付き合い始めてから1年半を経て結婚し、私は寿退社。子供を作る予定でした。

スポンサードリンク

夫の為に家事をするのが幸せでした

夫は仕事が出来る人で、少々ワーカーホリックなところはありましたが、仕事熱心なのは悪いことではないので口出しはしませんでした。

外で安心して働けるよう、私は二人分の家事をこなすことに喜びを感じていました。
一生懸命作った夕食を、「美味しい!」と言って残さず食べてくれる瞬間や、
「君がサポートしてくれるから、俺は外で働けるんだよ」と言われることが、何よりも幸せでした。

子供が出来たら、そのような二人だけの蜜月期間はなくなってしまうので、新婚時代は二人の時間を大事にしてきました。
ただ、夜の生活が少なくなってきたことが気がかりでした。

仕事熱心な夫が昇格。中間管理職のストレスからEDに

結婚生活が二年、三年と経つうちに、私は子供が欲しいと思うようになりました。
昔から結婚願望や出産願望が強かったので、夫と結婚した時も「この人の子供が欲しい」と思い、
また子供を作るのが当たり前だと思っていました。

結婚して四年半が過ぎた頃、夫が課長職に昇格しました。
仕事熱心な人だったので、本人も嬉しかったようです。もちろん私も喜びました。
課長職ともなれば部下に仕事を任せられるので、やっと落ち着いて子作りが出来る、と思っていた矢先のこと。

久しぶりに一緒に寝た夜、夫のそれは勃起しませんでした。
私は「久しぶりなんだし、疲れてるのかも」と思いましたが、夫は大変なショックを受けたようでした。

治療をしようともせずに言った夫の一言で離婚を決意

一時的なものかと思っていた夫の勃起不全は、その後もずっと続きました。
もちろん私は専門医の受診を勧めました。
しかし夫はプライドのせいか認めたくないらしく、専門医へ行くことを頑なに拒みます。
そして「そのうち治るよ」などと言って先に寝てしまいます。

その当時、私は35歳。出産可能年齢も迫っていたので、夫に何とかして病院へ行ってもらうように懇願しました。
夫との子供が欲しかったからです。
何度も「病院へ行って」と言う私に呆れたのか、夫は信じられない一言を言ったのです。

「君は子供が欲しいのかもしれないけど、俺は別にいらない。そんなに子作りしたいなら、他の人を探せば?」

夫への愛情が一瞬で冷めた瞬間でした。

半年ほど揉めた後に離婚が成立し、今では再婚して一児の母。幸せな日々を送っています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。