高校生の息子が下着泥棒で捕まりました

義理の息子

息子といっても、再婚した夫の連れ子です。おとなしい子で、多感な中学生の頃に再婚しましたが、グレたりすることもなく、私にもなついてくれていました。

スポンサードリンク


盗んだのは、近所に住む同級生の女の子の下着でした。
見た目が派手な子で、胸も大きくて私服で出かけるとOLにしか見えません。

息子がその子に密かに憧れていることは気づいていましたが、まさかこんなことをするなんて思ってもいませんでした。
しかも、そのことが近所でもおしゃべりで有名なおばさんに知られたから大変です。

居づらくなって

あっという間に近所中に知れ渡ってしまい、私たちは肩身の狭い思いをする羽目になってしまったのです。

息子と女の子は同級生だから、学校にも知られてしまって、息子はずる休みをするようになってしまいました。
このことを遠くに住む姑が聞きつけて、いきなりやってきて私を怒鳴りつけました。

私のしつけがなっていないから、こんなことになったとまくしたてるのです。
私が来る前はいい子だったのに。
姑は聞えよがしにそう言いました。

まるで、私が息子を悪くしたみたいな言い方です。
でも、私とは血がつながっていないし、小さいときにしつけたのは、私が会ったこともない女なんです。
それなのに、こんなことを言われるなんて・・・

私は唇を噛んで姑の愚痴を黙って聞いていましたが、そばにいた夫は全然かばってくれないのです。
そればかりか、「うん、うん」と、姑の話にいちいちうなづいてさえいたのです。

マザコンの夫は姑の言いなりで、私の味方にはなってくれません。
私は夜中に悔し涙をながす日が続きました。

もうこんな生活は嫌だ。
実家の両親の反対を押し切って家で同然にした結婚でしたが、やはり両親のほうが正しかったようです。

決心

泣きながら実家に電話すると、両親はやさしく「帰っておいで」と言ってくれました。
私は電話を切ってから、ずっと泣いていました。

下着を盗んで以来、引きこもりになってしまった息子がそれを見ていて、「僕のせいでごめんなさい」と泣いていました。

でも、もう遅いんです。
私は、あたたかい両親が待つ実家に帰る決心をしたところだったのですから。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。