価値観

離婚をしようと思った回数10万回

離婚最高だという思い

去年の秋に正式に離婚する事が出来ました。2年以上もの離婚調停を経て、ようやく手にした勝利でした。晴れて独り身になれ、やっと自由を手に入れる事が出来、本当にうれしい限りです!わたしはあまり女性にちやほやされるタイプでもないので、今後はひとりで生きていく事になるかもしれませんが・・・それでも余りあるほどのリターンが得られます!離婚最高です!

性格が合わないという絶望的な理由

昨今ニュースでは、孤独死について、悲壮感をあおり、辛そうな老後を演出していますが、本当に孤独死が不幸なのでしょうか?相性最悪の相手と一緒にいる事と、寂しさを感じはしても自由を手に入れられるなら、わたしは断然後者を選びます。

わたしが妻と離婚に至った理由は、性格の不一致によるものでした。どちらが悪いとかは思いません。お互いに相性が悪すぎました。わたしは、根明で前向きな性格なので、社交的な方ですし、友人も多く外へ外へというタイプなのですが、妻は真逆で、ひとりも友人がいないような、閉鎖的な性格でした。

子供も出来なかったので、わたしにベッタリの妻でしたが、毎日まめに連絡を強要したり、浮気してないか監視されたり、心配性なのは知っていたのですが、さすがにこれほどまでとなると、明るいわたしでもノイローゼ気味にまでなってしまいました。

自分がおかしくなる前に離婚へ

このままでは自分がおかしくなると思いました。今まで、ためこんできた細かいストレスもあったのか、まったくためらいもなく、離婚届けを元妻につきつけました。彼女は離婚を拒みました。わたしを失うと生きていけなくなるとすがりました。

今思うとわたしは、結婚してからの10年間で、おそらく10万回以上、離婚したいと思った事があると思います。なので、自分で自分の我慢強さを褒めてあげようと思います。男女共に性格の不一致が、毎年離婚の原因の首位を独占している事をみなさんは知っていましたか?

性格が合わないなら、すぐに離婚した方が良いです。1年なら1年と決めて次の出会いを求めるべきだと思います。変われる人もいますから。10年も20年もいやだ別れたいと引きずり、毎日不幸だと思って生きていく方が、よっぽど罪な人生なのではないかとわたしは思います。

-価値観

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5