くだらない趣味にお金をかける夫

前の失敗に懲りて
私はバツイチで再婚でした。夫は初婚です。
前の夫は、何も趣味がない人で、もっぱら飲むだけでした。
その結果、スナックの女と浮気して離婚になったので、再婚するなら何か趣味を持った人がいいと思っていました。

スポンサードリンク

前の夫と正反対の人

そうしたときに知人の紹介で知り合ったのが夫だったのです。
夫はいろんな物を集めるのが好きでした。
部屋に遊びに行くと、昭和時代のブリキのオモチャがたくさんありました。
また、鉄道が好きで、いろんなグッズを集めるコレクターでした。
何々列車の乗車券だとか、どこそこの鉄道のレールを薄く切ったものだとか、何とかいう機関車の車輪の一部だとか、私には屑鉄にしか見えないようなものを大事そうに飾っていました。

趣味を持つ人

こういう趣味に没頭する人なら浮気はしない。
それが、私の再婚相手選びの第一条件だったのです。

しかし、結婚してみてびっくりしました。
夫が集めていたものは、どれもこれもすごく値の張るものだったのです。
ブリキのオモチャだって安くて数千円、高いものだと数万円でした。

レールの輪切りなんて、10万円超えていたと思います。
もう、ただあきれるばかりでした。
「結婚したんだから、もうそんなことにお金を使うのはやめて」
夫はそう言っても聞く耳を持ちません。

姑に相談すると、「あなたは趣味がある人のほうがいいって言ってたわよね」と言われる始末です。

「前の人は、趣味のない人でうまくいかなかったのよね」
なんて、嫌味まで言われてしまいました。

これから子供もできてマンションも買いたいのに、これでは困ってしまいます。
私が少しうるさく言うと、
「お前変わったな。いや、それが本性かもな。だから離婚したんじゃないのか」
などと言います。
嫌味まで姑そっくりです。

子供ができないうちに

結婚して1年たっても、私たちには子供ができませんでした。

これって、もしかして離婚しなさいってこと?

私はいつの間にか、そんなふうに自分に都合のいいことを考えるようになっていました。

でも、こう考えだすともう止まりませんでした。
よし。だったら、あと半年子供ができなかったら、本気で離婚を考えよう。
そう思ったのです。

そして、半年たったいまも妊娠していません。
私の考え方はともかく、離婚するなら子供がいないほうがいいのは間違いありません。

だったら、この夫に見切りをつけるなら、妊娠しないうちのほうがいいのです。
それだけは間違いありません。

私はいま、密かにネットで離婚関係の法律事務所を検索しています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。