生活習慣病という悪癖がたえられませんでした。

反対を押し切っての学生結婚

わたしたちが離婚したのは今年の2月です。彼とは、大学のときに出会い、学生のうちに結婚しました。両親からはまだ早いと反対されたのですが、それを押しきってので結婚で、1年目はとても幸せだったんです。

スポンサードリンク

彼自体が生活習慣病みたいな人でした

誰しも、生活習慣に悪い癖というのは持っていると思います。わたしもストレスが溜まると、友達と食べ放題にいって食べまくったり、愚知を言ったりします。そのくらいは誰でもあるでしょう?

しかし、彼の場合は、すべてにおいて、悪い生活習慣を自ら選んでいるような人で、自己破滅型とでも言うのでしょうか?自ら不幸になりたくて不幸な洗濯をしているようにしか見えませんでした。

選択の仕方がすべて間違っている

わたしなどもそうなのですが、愚痴を思い切り言ったり、泣きまくったりする事で、ストレスが発散され、切り替える事が出来るんです。しかし、彼の場合は、その状態が延々と続き、緩和される事がありません。何年も何年も悪い事があると引きずり、それをずっと溜め込んでいました。

ストレスの回避法を知らないと言えばまだかわいく聞こえるかもしれませんが、ずっと一緒に生活しているわたしからすると、まるで生地獄でした。毎日毎日、家に帰って来てはため息と、しかめっ面で部屋にこもり、一言も喋らない日もしょっちゅうでした。

結婚当初はとても優しくて明るい人だったのですが、なにがきっかけかは分かりませんが、突然こんな人になってしまいました。

耐えきれず離婚

わたしは、彼を受け止める器がなく、自分もおかしくなってしまいそうでした。こんな状態での結婚生活は無理だなと判断しました。結局6年続いた結婚生活にピリオド。わたしは今、新しい出会いを求め、出会い系サイトをはじめて、素敵な彼に出会えました。この出会いが本物でありますように・・・ただそれを願うだけです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。