浮気されやすい妻ってどんな妻?知っておきたい3ポイント

夫の浮気に悩む妻というのはいつの時代も絶えません。

男性の浮気はある程度、仕方ないとは思っていてもやはり実際に自分の夫が浮気しているのを知ると大きなショックを覚えるものです。

まずは自分自身が浮気される要因がないかどうかチェックしてみましょう。

「浮気されやすい妻ってどんな妻?知っておきたい3ポイント」の続きを読む…

きっかけはコレ!女性が浮気するきっかけ3つ

女性の浮気が急増しています。

女性は男性に忠実、従順という時代ではもはやなく、

女性も男性と同じように働き、同時に家事と子育てをしていく時代です。

そんな時代において女性のストレスは増加傾向に。

浮気も同時に増加しています。

今回は女性が浮気するきっかけ3つに迫ります。

「きっかけはコレ!女性が浮気するきっかけ3つ」の続きを読む…

きっかけってそもそも何?知っておきたい男の浮気のきっかけ3つ

男は浮気するもの、という認識でいる女性は多いことでしょう。

そういう生き物なんだ、という割り切りも一種の諦めではありますが、

ひどい浮気性の男性以外ー普段はいたって真面目で誰もこの人は浮気なんてしないだろうと思うような男性が

浮気や不倫に走って周囲を驚かすことがあります。

男性の浮気・不倫のスイッチが入るきっかけとは何なのでしょうか。

「きっかけってそもそも何?知っておきたい男の浮気のきっかけ3つ」の続きを読む…

いつのまにか不倫されてる!?不倫されやすい妻の特徴3つ

妻

芸能人の不倫の話題が巷をにぎわして久しい今年1年ですが、皆さんの身近にも不倫は溢れていることはご存知ですか。

何も芸能人だけが不倫するわけではなく、不倫はごく身近な世界でも溢れています。

男性でも不倫経験があるという人は案外多いもの。では不倫されやすい妻にはどのような特徴があるのでしょうか。
「いつのまにか不倫されてる!?不倫されやすい妻の特徴3つ」の続きを読む…

旦那が嫌になる最大ポイントは『無関心』!

つい先月、我が家でも若干喧嘩になりましたが(苦笑)、
旦那さんの言動で特に夫婦関係を深刻にする原因のひとつに、
奥さんへの『無関心』があります。

もうずいぶん前になりますが、
テレビ番組『たけしの家庭の医学』の中でも
妻にストレスをかける夫のタイプとして
「過干渉」「無関心」「無反応」

があがっていましたが、特に無関心は深刻です。

女性は特に、自分に関心をもってもらえないことが
多大なストレスに
なってしまいます。

過干渉なのは、確かに問題ではあるけれど、
「あーもう、鬱陶しい!」くらいで済むことも多いです。
人によっては、愛されていると実感できる人もいますね。
(それも愛が冷めれば一気に関係が悪化しますが)

無反応は無関心に近い部分もあるけれど、
日常生活の範囲内におさまってくれれば、
それこそ「犬も喰わない」喧嘩で終われます。

ところが、無関心はそうはいかない。
根本的に、奥さん自身に関心がないので、
喧嘩したって治るわけはない
し、
妻側は愛を実感できないし、
修復不可能になってしまう可能性が高いのです。

ちょうど私の知人にも、旦那さんの無関心さが原因で
離婚調停になった方がいらっしゃいます。

ただ、「旦那が無関心」って、離婚調停ではなかなか勝てません。
旦那が「嫌だ、別れない!」と言えば、
まず離婚は成立してくれないのです。
法的な観点からは、旦那が無関心なことは
夫婦関係を維持する上で重大な問題であるとはみなされないんですね。

結局、あきらめる、開き直る、自分の趣味に没頭する、
友人との外出を増やす、など逃避に走りがち。
そこで旦那さんの過干渉が発動すると……とっても恐ろしいことになるので
そこに至る前に、吐き出すようにしましょうね。

ストレスを溜めない夫婦の家事協力

みなさん、こんにちは。
またちょっと空いちゃいましたねぇ…スミマセン。
また更新していきますから、どうぞよろしくです!(`・ω・´)ゞ

さてさて、今日は「家事協力」のお話です。

昨今、夫婦の家事協力はあたりまえ。
なんといっても、女性が専業主婦でないのが
あたりまえの時代になってしまいましたからね。
女性にだけ家事をお願いするというのは、
どうにもフェアではありません。

ところが、旦那さんが家事をしてくれると、
なぜだか奥さんのストレスがガンガン上昇していく
という、
なんとも困った現象が起こっているのだそう。

そんな警鐘を鳴らすのは、
大阪大学准教授の、医師、石藏文信先生
テレビや書籍でも活躍されている方なので、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

先生の著書『夫源病 こんなアタシに誰がした』などを読むと、
いろいろと夫が妻に与えるストレスについて書かれていますが、
実際、日常のちょっとしたことで
イライラを感じているという人も少なくないでしょう。

かくいう私も、かなりあります。(笑)
結婚して2年ほどですが、家事協力によるストレスのため、
結婚当初に比べて、夫に頼む家事が半分以下になっていますね。

食洗機に食器を入れるのに、
なぜか台所用洗剤で洗ってから入れるとか。
窓拭きをすると、拭き跡が残って、
むしろ拭く前より汚れて見えるとか。
食洗機には入れない水筒などを、
油まみれの流し台に入れてあるとか。
洗濯で使うハンガーを考えずに使うから、
クリップハンガーや滑り止め付きハンガーが足りなくなるとか。

私が細かいだけかしらと思っていたけれど、
男女の脳の違いを考えれば、これって頻繁に起こりうる話なのよね。

ストレスに気付いた私は、
旦那に頼んで自分が家事をする以上にストレスのかかることは、
旦那に頼まない
ことにしています。

「だからといって、なんで私ばっかり家事をしなきゃなんないのよ!」
とイライラしてしまった奥さま。
別に、自分がひとりで家事をする必要はありません。

だいたい、イライラするポイントって自分でわかってくるでしょう?
だから、そこを上手に回避できるように、
旦那さんに家事をお願いする
んです。

例えば、先の事例でいえば、
食洗機に入れる作業を見ているからイラッとするので、
自分が出掛けたり、早く寝たり、他の用事をしている時なんかに頼む、とか。

自分に必要なハンガーは先に確保しておいて、
旦那の洗濯物だけ旦那に干させる、とか。

こんな風に、上手に回避していくことで、
ストレスを軽減しながら、旦那に家事を割り振ることができるようになります。

ま、それでもイラッとするときは、
壁を殴りたいくらいに強烈なストレスがかかるんですけどね。(_ _;)

文:笈川采女(おいかわあやめ)

表情筋を鍛えよう

みなさん、こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまいましたが、がんばって更新していきますよ~(^O^)

さて、今日で2月も終わり。
そろそろ卒業&入学シーズンですね。
「どっちも関係ないよ??」という方もいらっしゃるかもしれませんが、
春は新しい出会いも多い時ですから、オトナの恋には大事な時期!
第一印象はとても重要なので、外見をしっかり磨いていきましょう♪

そんなわけで、3月は美容強化月間。
美しくなるためのヒントを特集します。

■■□ 表情筋を鍛える

今日注目するのは、「表情筋」
表情筋は、顔のパーツを動かすための筋肉です。
日常生活では、なんと30%程度しか使っていないともいわれていて、
普通の生活をしていたのでは、筋力は衰えていくばかりなのです。

表情筋が衰えると、顔のたるみが気になるようになったり、
たいして太ってもいないのに二重あごになってしまったり、
シワや毛穴が目立ったり、口角が下がって暗い印象になったり……
老けて見られるだけでなく、性格まで暗く見られてしまう原因になります。

表情筋を鍛えるには、なんといっても筋トレが大事。
表情筋だって筋肉ですから、トレーニングで鍛えるしかないのです。

トレーニング方法はいろいろありますが、
今日おすすめしたいのは、「スリムマウスピース」という器具。
400円くらいで販売されているもので、お値段もかなりお手頃です。
使い方は、口にはさんで、口を縮めるだけ。
これで、特に口輪筋(こうりんきん)や頬筋(きょうきん)を鍛えることができます。

もっとしっかりトレーニングしたいのなら、
歯科などでも治療に使用されている「パタカラ」という器具をおすすめします。
こちらは、口に入れてぐーっと引っ張って使います。
顔全体の筋肉を鍛えてくれますよ。

筋トレは根気のいるものですが、
表情筋の筋トレなら、テレビを見ながらでもできちゃいますから
毎日続けていきましょうね。

文: 笈川采女(おいかわあやめ)

お部屋のニオイに効果的なのは…?

みなさん、こんばんは。
今日から11月ですね。

今日はリビングのお掃除をしました。
ラグやこたつ布団カバー、ソファーカバーも洗濯して、
ずいぶんスッキリ。
残念ながら、旦那のいない時の方が
お掃除はストレスなくはかどります。(^^ゞ
いたらいたで、ちゃんと手伝ってはくれるんですけどネ。

さて、今日は気になる「ニオイ」のお話です。

■■□ お部屋のニオイに効果的なのは…?

生活の中で気になるニオイってたくさんありますが、
今日はお部屋のニオイのお話です。

お部屋のニオイ対策って、いろいろありますよね。

例えば、ファブリーズやリセッシュなど、
スプレーして布に噴き付ける液体とか、
お部屋にポンと置いておく脱臭剤・芳香剤とか、
空気清浄機や空気清浄機能付きエアコンとか……

私の友人なんかだと、
「焼肉を家でしない」「さんまを焼かない」
「揚げ物をしない」
なんて人も。

どれが正しくて、どれが間違っている、
なんてことは一切ないし、
我が家でもけっこういろいろやってはいるのだけれど、
1つだけ、あまり他所の家では見かけないことを追加しています。

それは、「洗濯」です。

ん?
洗濯くらい毎日してるって?
いえいえ、あなたのしている洗濯って、
衣類やタオルだけでしょう?
我が家で気を配っているのは、「呼吸する布」の洗濯です。

近年急速に浸透した、
ファブリーズやリセッシュといった
「布に噴き付ける液体消臭剤」というものは、
なぜこれほどまでに支持を得たと思いますか?
それは、布は呼吸するからです。
もちろん、布が酸素を吸って二酸化炭素を出したりはしませんよ。
でも、空気を吸ったり吐いたりはしているのです。

壁や床なんかも、多少は呼吸しますが、
布類の比ではありません。
そのため、布類にニオイが染み付いてしまうと
部屋全体のニオイの原因になってしまいます。
それを防ぐからこそ、ファブリーズやリセッシュは
こんなにも支持を得たというわけ。

逆にいえば、部屋にいい香りのする布があると、
お部屋はとってもいい香りがします。
まさに平安時代はこういう「布に移した香り」が流行りで、
みんなで布に香を炊きしめていたんですよ。(^_^)

さらに、多少のニオイは、布が吸って取ってくれる。
とっても優れものなのです。

それを踏まえて、お部屋を見回してみましょう。
いちばん呼吸しそうな布って、なんですか?

そう、カーテン。
だから我が家では、カーテンをよく洗濯します。

洗濯前提なので、カーテン自体はあまり高くありません。
洗濯機でガラガラ洗っちゃいます。
普通に脱水して、濡れたままお部屋に戻しちゃう。
今の季節なら、お部屋の湿度も高めてくれるので一石二鳥です。
香りが強めの柔軟剤なんかを使えば、
お部屋もとってもいい香りになります。

濡れた布はニオイを吸収しやすいので、
必ずお部屋の掃除や空気の入れ替えとセットに。
ちゃんと乾くまでは、香りの移ってしまうような
煮炊き・揚げ物なんかは控えます。

ソファなど、洗えないものには、
極力洗えるカバーを付けて、同様に洗うようにすると、
さらにお部屋のニオイは軽減します。

ラグなんかも、洗濯機で洗っちゃうんですよ。
布団だって、洗濯機で洗えるものがあるくらい。

おかげで、我が家は室内犬がいるとは思えないくらい
嫌なニオイがこもりません。

香りって、とっても大事なモノ。
一度家中のカーテンをお洗濯してみませんか?

男性の領分をこっそり侵してみる

Trick or Treat!
お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ♪

今日はハロウィンですね。
日本ではまだまだ馴染みの浅いイベントですが、
子どもたちが楽しめるイベントのひとつですから、
もう少し広まればいいなぁ、と思っています。(^_^)

さてさて、ずいぶん間があいてしまいましたが、
今日から連続更新いきますよ☆

■■□ 男性の領分をこっそり侵してみる

さて、もうずいぶん前になるけれど、
「男性には大事にしてあげなきゃならない領分がある」
って話は記憶にありますか?
たぶん表現は違ったけれど、
『恋ブロ』でも2回くらいは出てきたんじゃないかな。

基本的には、男性の領分は侵してはいけません。
男性の自尊心が傷ついちゃうし、
そういう女性って男性からすると可愛くないし。
お金とか仕事とか重い物とか高いとことか電気とか機械とか…
そういう部分は、男性を立ててあげるのが正解。

でも、何にでも例外はあります。

たとえばね、私は今日、ドアを直したんですよ。
直したっていっても、六角レンチで調整しただけなんですけど、
室内ドアの取っ手側上部が枠にコツコツ当たるものだから
前々から気になっていて。

本来ならそういうのって旦那に頼むもの。
自分ではやりません。

でも、ついこの前、旦那が友人に言っていたんですよね。
「オレもやってみたけどダメだった」って。
つまり、彼にはできないんです。

実は我が家では、こういうことって結構多いんです。(^^ゞ
機械ってくくりで言えば、旦那の方が専門だけれど、
パソコンやら家電やらって話になると、断然私のほうが上。
もともと私は、中学校技術の教員養成課程の出ですから、
日曜大工的なことも得意なんですよね。

カレカノだったらまだしも、
結婚して一緒に暮らしているのなら、
「男性の領分だから」って
自分ができるのにいちいち業者になんて頼んでられません。
だから、私がやっちゃうことも多い、というわけ。

この場合、多少の配慮が必要です。
今回の場合で説明すると、
私は旦那と友人が話をしている時には、
一切手出しも口出しもしていません。
その翌日とか、近日にもしていません。
十分な日数を置き、かつ、旦那が出張で不在で、
あくまで「掃除のついで」に直しました。

そう、ちょっと隠れてやってあげるってことがポイントです。

こういうちょっとした配慮があるかないかで、
旦那さんが普段どれだけ動いてくれるかも変わってきます。
いつまでも男らしく振る舞って欲しいなら、
それを期待する女でありましょうね。

本当のしあわせの見つけ方

みなさん、こんばんは。

今日で9月も終わりですね。
私の地元では、来月はお祭りの月。
日本三大けんか祭りのひとつなので
なんとも荒々しいお祭りですが、
楽しみにしている地元民はとっても多いです。

■■□ 「幸せ探し」をしてみよう

今晩は、TBS系で
「秋のドラマ特別企画『リセット』~本当のしあわせの見つけ方~」
がありますね。

まだ放送前ですから、
内容がどの程度面白いのかとか、
具体的なところまではわかりませんが、
日中の宣伝番組を見ている限り、
ちょうどこの恋ブロを
読んでくださっている年齢層のみなさまに
ピッタリはまるテーマなんじゃないかな、と
ちょっぴり楽しみにしています。

副題にもあるけれど、
「本当のしあわせ」って、
手に入れるものではなくて、
見つけるものなんだと思うんですよね。

自分が不幸だって思っている人って、
不幸なカケラばっかり拾ってしまう人。
逆に、自分が幸せだと思っている人は、
幸せのカケラをたくさん見つけることができる人なんです。

日々のイライラや愚痴を吐き出すことも大事だけれど、
それに呑まれてしまわないように、
幸せ探しも大事にしましょうね。