不倫

夫がEDだと夫婦間のコミュニケーションが不足する?

みなさん、こんにちは。

ずいぶん夏っぽくなってきたのに、
まだ火事のニュースも多いですよね。
湿度があんまり上がらない今の季節が、
いちばん過ごしやすいのかもしれません。
火の元には注意して、カラッとした暑さを楽しみましょう。

さて、今日はちょっと重たい「ED」のお話です。

■■□ 夫がEDだと夫婦間のコミュニケーションが不足する?

3日前になりますが、産経新聞に掲載されたニュースで、
「ED(勃起障害)」の夫を持つ妻の話がありました。

ED疑惑夫の妻 約3割「真剣に離婚考えた」
2012.5.28 07:30 『産経新聞』

これによると、
「旦那がEDだとセックスに対する不満が増加するだけでなく、
コミュニケーション時間が不足し、
離婚を真剣に考える傾向が強まる」
というんですね。

実際、EDかどうかはともかく、
セックスレスは離婚事由としても認められるほど
夫婦間の関係に大きな影響を与えることが知られています。

もっとも、このニュースの調査の妥当性については
若干の難があります。
対象が40代以上であること、
ネットアンケートであること、
多少の優位性は見られるものの、
コミュニケーション時間の差は
1日たった32分でしかないなど、
安易に結論付けるにはちょっと足りませんからね。

それでも、やはり生物として、
夫がEDであるかどうか、
あるいは妻がSEXできるかどうかという問題は、
夫婦間のコミュニケーションの差につながると考えられます。

コミュニケーションというより、
実際には親密度なんです。

このアンケートには、
記事にされていない項目があって、
「セックスは大切なコミュニケーション手段」
だと考えている人は、
EDの有無・男女にかかわらず、なんと軽く8割超え。

これは、セックスによって
心理的により深くつながることができるということ。
カップルでも、「距離ゼロ」は重要な意味を持ちます。

EDは治療も研究されているものですから、
できる限り、きちんと治療すべきです。
その他、病気や加齢などにより
どうしてもセックスできないのならば、
「距離ゼロ」の時間をきちんとつくり、
コミュニケーションをとりましょう。

親密度の低下は、信頼度の低下にもつながり、
浮気や離婚の原因になりますからね。

-不倫

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5