玄関だけがんばる節目づくり

みなさん、こんばんは。

もう今年も残すところあと3日とちょっとですね。
今年に思い残すことはありませんか?
まだ間に合うことなら、今年のうちに解決しちゃいましょうね。

さて、今月の残り3回は、
年末のお話をしましょうね。

■■□ 節目を大切にする家族に

人って、「明日から」って言うのが得意なんですよね。
特に日本人は、なぜか「明日から」が好き。
反省しても、目標を立てても、
「今からがんばるぞ」という人は少ないです。

それを批判することは簡単だけれど、
実際に変わるのは難しい。
だからこそ、”節目を大切にする”ことが大切。

そして、一年でいちばん大きな節目が、
大晦日/元旦なのです。

単なる「恋人」ならば、
元旦だって一緒に初詣に行ったりする
単なるイベントでしかないかもしれないけれど、
一緒に生活する夫婦や、
いま結婚準備中のカップルにとっては
大事な大事な節目なんですね。

というわけで、今年/新春は最大限に
節目を飾ってみませんか?

なんとなく迎えるお正月よりも、
年末にたくさん準備して迎えるお正月は
節目らしさも高まります。

まずは手始めに、玄関から始めてみましょう。
今から家中の大掃除ができなくたって、
玄関だけならきっとできるはず

最初は掃除。
いらない靴や玄関に置きっぱなしになっているものを処分。
外も含めて、玄関をすっきりさせましょう。

できたら、しめなわ。
しめなわは、地方によって形が違っていて、
1つ1つに意味がありますが、
わからなければインスピレーションで。
いちばんあなたが気に入ったものが良いでしょう。
1日飾りはよくないので、
まだの人は急いでくださいね。

続いて、鏡餅。
安くてもかまわないので、
できれば台付きのものにしましょう。
市販の真空パックのお餅なら、
ちょっと装飾の豪華なものの方が
気分は盛り上がります。

ここまでできたなら、あと一歩踏み込んで、
玄関に木や花を飾りましょう。
玄関の雰囲気にあわせて、
門松だったり、生花だったり、
造花でもかまいません。
ちなみに、うちは盆栽のような正月用ミニ箱庭にしました。
松や南天などが、小さな花器の中で庭園を作っています。

ここまでがんばると、
家族も「ああ、新しい年を迎えるんだ」
という気持ちになれますから、
自然と他の部屋の掃除や、
その他お手伝いをしてくれやすくもなりますよ。

忘年会シーズンで呑んだくれて帰ってくるパートナーにも
反省を促すきっかけになりますから
玄関だけはがんばってみてくださいね。

さて、次回は明日更新予定。
ひさしぶりに「浮気」のお話をしちゃいます。

私は今晩から、おせち料理に取り掛かります。
黒豆は今晩水戻しして明日炊いておくんですよ。
ではまた明日☆

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。