現状に満足するのが苦手な人は…

みなさん、こんにちは。

1月はいく。
2月はにげる。
3月はさる。
本当にあっという間に、3月も今日でおしまいです。

みなさんは、予定したいことが
きちんと終わりましたか?
私はいろいろバタバタで、
まだ新年度の準備が整いません。

こういう時って、自分の不甲斐なさに
結構凹んでしまうものなのだけれど…
今日はちょっとそんな話をしてみます。

■■□ 現状に満足するのが苦手な人は厳しい!

私はプロのカウンセラーだけれど、
だからって自分の心が
完璧にコントロールできるわけではありません。
そりゃそうですよね。
医者だって栄養士だって、
完璧な健康管理なんてできません。

そんな私の困った心理のひとつが、
「現状に満足するのが苦手」ということ。

他者から見て高い評価を受けていても、
自分自身は「まだまだ全然ダメ」だと思っちゃう。
良く言えば『向上心』
悪く言えば『完璧主義』『理想主義』

こういうタイプの人って、
精神的にとても疲れやすいし、
他人に対してもとても厳しい傾向にあるんです。

そう、もちろん旦那にも厳しいの。

自覚しているから、いろいろ気を付けはするけれど、
我慢は自分の毒になるし、
だからって全部ストレートに伝えると
旦那が窒息しちゃう。

だから、自分のストレスを
溜めすぎないように気を付けながら、
旦那にも成長してもらえるよう
「教育」していかなきゃならないんです。

こういう自分の感情のコントロールって、
別に私ほど「現状に満足するのが苦手」でなくても、
女性は結構抱えている人が多いもの。

なぜなら、そもそも男性の方が記憶が大雑把だから。
それだけ広い記憶を保持できるのだけれど、
細かな部分を憶えている女性から見ると、
どうしてもいい加減に見えてしまうんですね。

逆に男性にも、女性の段取りの悪さに
イラッとする人もいるでしょう。
1つ気にかけると前の1つを忘れちゃうというのが
女性の記憶の特徴ですから。

話は戻るけれど、
実は子どもを厳しく育てると
子どもは親の要求になんとか応えようとして
「現状に満足するのが苦手」な人に育ちがちです。

子育て中のママ&パパは、
「しつけ」と「理想」の境目をはっきりさせて
子どもに要求しすぎないよう気をつけましょうね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。