怒りの本当の原因は?

みなさん、こんばんは。
実は今日、中学時代の恩師にお会いしてきました。
もう10年以上になりますが、
先生は私の記憶と大差なく。
むしろとてもいきいきしていらっしゃいました。
やっぱり、好きなことを一生懸命している人は
輝いているものだなぁと感じましたね。
負けてはいられません。(^_^)

さて、今日は「怒り」の話をしましょう。

■■□ 人は期待が裏切られると負の感情を持つ

夫婦で生活していると、
相手が何かに怒ったりイライラしているようだけれど
それがなぜなのかさっぱりわからない
なんてことはありませんか?

私は結構あります。
旦那はたぶん、その数十倍あると思います。(笑)

そういう時って、
だいたい「期待が裏切られた」のが原因。

人って、無意識に周囲の人に何かを期待しているもの。

よくあるのが、女性が美容院へ行ったら、
男性には気付いてほめてもらいたい、という気持ち。
でも気付かない男性が多くて、
女性が「私のことなんて見てないのね!」と怒り出す。
そこまでいかなくても、なんとなく凹む。

でもじゃあ本当に男性が悪いのかといえば、
そもそも男性の思考や記憶は、
そんな細かいことを覚えて比較するようには
できていないんです。
つまり、それが普通。
別に悪いことなんてしていません。

これは、期待が裏切られたから、
負の感情を抱いたというだけの話。
けれど、当人も相手も、なかなかそれに気付けません
だから、妙な喧嘩になっちゃう。

日本でタクシーのドアを開けてくれなかったら
イラッとしますよね。
でも、海外のタクシーは自動扉でないと知っているから
それはちっとも腹が立たない。

そういうのと同じなんです。

大事なのは、背景を理解すること
負の感情を抱いてしまうことは多いけれど、
怒りをぶつける前に、
怒りを指摘する前に、
どんな「期待」があったのかを想像してみると
少しずつ心が穏やかになっていきますよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。