「正しい」ことは「正しくない」こと?

みなさん、こんばんは。

うっかりカウントを間違えていて、
今日の更新は7月分でした…(汗)
スミマセン…(o*。_。)o
8月分からは通常更新に戻りますから、
前半にもちゃんと更新がありますよ。

さて、今日はちょっとした矛盾のお話。

■■□ 「正しい」ことは「正しくない」こと?

突然ですが、どういう生活をしている人が、
若く健康に生きられると思いますか?

恐らく、ほとんどの人が、
食生活や運動などの「健康に良い」とされている事を
頭に思い描いたと思いますが、
実際には、どんな不摂生をしていても、
ストレスのない人がいちばん健康に生きられるんです。

私の父なんかが本当に良い例なのですが、
飲酒喫煙偏食運動皆無休日ゴロゴロの生活を
何十年と送ってきても、
定年退職した今、白髪もほとんどなくハゲも皆無、
誰が見てもとっても若く見えます。
娘の私から見れば、なんとも勝手で傍迷惑な人ですが、
友人には「若くてかっこよくて羨ましい」人だそうです。

なぜこんな話をするかといえば、
なかなか幸せになれない人の多くが、
幸せになるための「定石」を
必死で実践していらっしゃる人だから。

幸せになるためのハウツー本って、
書店でもすごく人気があるんですよね。
サイトなんかでもそう。
もしかすると、このコラムブログだってそうかもしれません。

そういうものを読んで、
自分自身を高めていこうとする姿勢は、
幸せにつながる素敵な行動なのだけれど、
あまりにそれを真面目にやりすぎて、
義務のようになってしまうと、
精神的にも身体的にも、かえってマイナスになり、
幸せは遠のいていってしまうのです。

「禁煙する」ことは
絶対の”良いこと”に見えるけれど、
禁煙しようと努力することが精神的に負荷をかけ、
ストレスになってしまうと、
身体にもかえってよくないし、
暴飲暴食でタバコ代より
お金がかかることもあるかもしれないし、
イライラが周囲に伝播して、
人間関係が悪くなることだってあるということですね。

婚活だって悪いことではないけれど、
あんまり婚活に必死な人って、
魅力的には見えないでしょう?

幸せになろうと努力をしているのに、
なかなか幸せになれない人の多くは、
たいてい、自分に合わない事を、
必死でやろうとしている人です。

誰かの言った「正しい」ことが、
あなたにとっても必ず正しいことかどうかはわかりません
やってもやってもうまくいかないなら、
客観的に自分を見てくれる、
友人やカウンセラーに相談して
上手に軌道修正できるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。