わかりやすいアプローチをしよう

みなさん、こんばんは。

今日は美容院で前髪を切ってもらいました。(^^)
今通っているところは、
前髪を無料で切ってもらえるんですけど、
小心者の私は、今日が初チャレンジ!(笑)

やっぱり前髪がある方が、若く見えて良いなぁとか思うけど、
また特別理由がないと、
前髪だけ切りにはいかないんだろうなぁ…(–;)

■■□ わかりやすいアプローチをしよう

今日は、特に女性向けのお話です。

私の友人にも多いですが、
「彼が外見の変化に気付いてくれない!」
と不満をこぼす女性って、すごく多いんですよね。

私は今日美容院で前髪だけを切ってきたわけですが、
こういうのに男性はなかなか気付けないし、
気付いたとしても、あまり口には出しません。
なんかもう、日本人男性の特性なんでしょうね。

こういう男性を、誉め上手にするには、もっとわかりやすくしてあげるのが大切。
つまり、気付くように仕向け、自信を持って誉められる環境を
整えてあげるわけです。

ほら、学校の授業だって、
「違ってるかも」と思ったら答えられないでしょう?
それと一緒。

たとえば、今日の私だと、朝の段階で
「今日は前髪を切りに行こうかなぁ」
と話をしているんですね。

で、帰宅後に、
「やっぱり前髪がある方が若く見えて良いよね」
と言う。

もっとも、ここまでお膳立てしても、
必ず気付いて誉めてもらえるわけではありませんが、
そこは根気よく続けていきましょう。

たまには、「ちっとも誉めてくれないよね」
くらいの恨み言は言ってOK。
直接「髪切ったんだけど、どう?」なんて聞いても良いですよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。