女性の柔らかさは心の満たされ度?

みなさん、こんにちは。
今日は土曜日ですね。
一週間後にはひな祭りがあります。
また来週頭辺りには、
ひな祭りのお祝いレシピを紹介しましょうね。

今日と明日は、もう少し
心理と科学から夫婦の考察をしてみましょう。

■■□ 女性の柔らかさは心の満たされ度?

出産経験のある人には知っている人が
多いかもしれないけれど、
オキシトシン」という神経伝達物質があります。

子宮の収縮や、陣痛を促進するお薬にも使われますが、
その他にも驚くほどさまざまなところに
影響を及ぼすことが知られていて、
香水やスプレー、サプリメントなども
販売されている物質です。

で、この「オキシトシン」、
実は「愛されホルモン」とか
「幸せホルモン」なんて呼び方がされることもしばしば。

これは、愛情に満たされているとか、
信頼関係を強く感じているとか、
そんな「幸せ」な時にたくさん分泌されているからです。

他にも分泌される要因はたくさんあるのですが、
逆に猜疑心が強く、協調性のない人には
オキシトシンが少ないことも知られているんですよ。

そんなオキシトシンは、
女性の肌にも大きく影響することが知られています。
先日から取り上げている番組内では
「手をつないだ時のフィット感」と表現されていましたが、
これってSEXにだってすごく影響するんです。

ほら、女性って気分が乗らないと、
あんまり気持良くなかったり、
なんだか痛くて入らなかったりするでしょう?
あれにも、オキシトシンが影響していると言われているの。

つまるところ、女性が柔らかく
男性に形を合わせるのって、
手だろうと膣だろうと心が必要ってこと。

SEXレスが夫婦仲に影響するというのも
ひょっとするとオキシトシンが関係しているのかも
しれませんね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。