"冷凍"で時間のやりくりをしよう

みなさん、こんにちは。
なんだかいつの間にか春になりましたね。
今年は例年よりいくらか遅いそうだけれど、
確実に春を感じられる時間が増えてきています。

さて、今日は時間をつくるヒントのお話です。

■■□ 冷凍で時間のやりくりをしよう

春って、意外と忙しいんですよね。
のんびり桜を眺めながら
お茶でも飲んでいたいのだけれど
そういうわけにはいきません。

私の友人たちはちょうどこの春から幼稚園組で、
説明会やら持ち物の準備やらで
とっても忙しそう。

でも、どんなにたくさんやることがあっても、
1日が24時間なのも、
1週間が7日間なのも変わりません。

だったら、どこか上手に調整して
時間をやりくりするしかないんですよね。

どこを削るかって、
案外睡眠時間を削っちゃう人が多いのだけれど
それは美容的にも健康的にも最悪
結局効率が落ちちゃったり、
子どもと一緒にお昼寝しちゃったりで
全然いいことはありません。

では、どこを削るか。
そりゃもう、家事です!

家事は、工夫次第でいっぱい楽ができるから
少しずつ覚えていくと良いですよ。

今日はそんな第一弾。
お料理の話。

うちには、とってもたくさんの冷凍食材があります。
「冷凍食品」はほとんどありません
旦那のお弁当のおかずにちょっとくらい。
あくまで「冷凍食材」なんです。

業務スーパーなんかで買うこともあるけれど、
自分で加工して冷凍することも多い冷凍食材。
ポイントは、単に冷凍保存しているのではなく
使いたい時に使いたいだけ、
包丁要らずで使えるようにしてあるということです。

菜物やきのこ類は、洗って切って
さらにバラバラにして、
袋に入れて冷凍庫に入れてあります。

大根おろしなんかは、一度に1本丸々をおろして、
製氷皿に入れて凍らせておきます。
スープに入れるなら凍ったまま、
薬味として使うならレンジで解凍すればすぐ使えます。

お肉も、よく使う大きさに切って
これまたバラバラにして冷凍。

こんなふうに冷凍しておくと、
料理をするときにほとんど包丁を使わなくて済みます
包丁を使わないと、料理にかかる時間が、
ぐーっと減るんですよ。

しかも実は、節約にも!
冷凍だから日持ちもするし、
「ちょっとだけ」でも使えるから使い過ぎも防止。

私はもうほとんど見ないけれど、
『フリージングでラクラク節約おかず』
という本がとても参考になりました。(^_^)

ほかにもたくさん「楽する家事」があるので、
また紹介していきますね☆

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。