レジのお金があのパートさんがいる時だけ合わない!

レジ

私は仙台市で大手ファミリーレストランの店長をしています。
ここのところ気になることがあり、どうも心がすっきりしない日々を送っております。

私のレストランでは何人かのバイトさんとパートさんを雇っていますが、B子さんという女性パートがシフトに入った日のレジは必ずといっていいほどお金が合わないのです。

はじめは偶然だと思っていた。しかし・・・

レジのミスというものは飲食店でもスーパーでも稀にあるものです。
バイトもパートもベテランだけではなく、初心者の方もいるわけですから。
初めの頃は私もレジのお金が時々合わなくてもそのように思ってきました。

しかし、ある時。決まった曜日にお金のレジが合わなくなることにふと気づいたのでした。
レジのお金がなくなるのは火曜、木曜、金曜。毎回合わなくなる金額は僅かな差はあるものの同じくらいの金額でしたのでこれはおかしいと思いはじめました。

しかし、働いてくれているバイトさんやパートさんを疑うことは心苦しい気持ちでいっぱいでした。

もしや・・・持ち出していたのはB子さん?

火曜、木曜、金曜はベテランパートのB子さんがシフトで入っている日でした。

このレストランへのパート勤務も長く、私が店長としてこの店に派遣される前から長年ここで働いていたそうでバイトさんやパートさんからも信頼も厚く頼りになる存在でした。

私ももちろん、B子さんの働きは評価しており信頼できるパートさんとして新たにバイトとして入ってきた子の教育をお願いしていたほどでした。

B子さんがシフトに入った日、ベテランの彼女はレジでの作業も若いバイトさんより先に買って出て積極的に働いてくれていました。レジに一番長くいるのはB子さんでしかなかったのです。

B子さんが持ち出していたとは考えたくはないものの、残念ながら曜日的、状況的に彼女しか持ち出しが可能な人は思いつきませんでした。

解雇するべきなのか・・・しかし、金銭問題なだけに本人に聞きにくい

B子さんはベテランパートさんでこの店にも長年貢献してくれた人です。

働きぶりも申し分がなく、若手バイトさんの教育係のような役目も勤めていた彼女。そんな彼女を疑うことは悲しいことです。

彼女がお店のお金を持ち出していたならば彼女にまずこのレジのお金が合わない件を問いただし
事実ならば店長として彼女を解雇しなければなりません。

問題が問題なだけに一個人に疑いをかけることは職場の空気も悪くしますし、万一、彼女がレジからお金を持ち出していなければ申し訳ないことになります。

このような問題を穏便に解決するにはどうしたら良いのかと思い悩む日々です。

コメントは受け付けていません。