引越し以来、絶えない嫌がらせ。うちの子が心配・・・

車

私の家庭はいわゆる転勤族です。

夫の仕事の関係で各地を転々としながら生活をしております。
1ヶ月前、茨城から仙台へ越してきました。

ちょうど仙台駅から近い場所に社宅があり、新たな地での生活への期待と不安で胸を膨らませておりました。

しかし、引越して以来不可解な出来事が私の家族を取り巻くようになりました。

スポンサードリンク

引き裂かれたタイヤ、傷つけられたドア・・・

家族と新たな地での新生活を楽しんでいた頃。
それは突然起こりました。

買い物へ出かけようと駐輪場へ行くと私の自転車のタイヤが引き裂かれていました。

明らかに刃物で引き裂かれた痕跡がありましたので、恐ろしくなり思わず辺りを見渡してしまいました。
このような経験は各地を転々としてきた私も初めてでただただ、驚くばかり。

当然、帰ってきた夫にも相談をしましたが「僕たちが恨みを買う理由はないだろう。」と言うばかり。

まだ引っ越したばかりで知り合いも周囲にいませんし確かに恨みを買う理由など、どこにもないのです。

そんなことから数日、今度はドアに鋭利なもので大きな傷がつけられていました。
私はいよいよ恐ろしくなり、警察への相談を考えはじめました。

ポストが荒されている・・・!手紙や請求書に「バカ」「死ね」

警察へ相談したものの、あまりまともにとりあってもらうことは出来ず「パトロールを強化します」と定型文のような対応をされただけで終わりました。

私には小学校に通う子どもが2人おりますし、私も平日はパートや買い物で出かけて家を空けていることが多いので不安な生活でした。

そんなある日のこと。

パートから帰り、自宅のポストを見るとグチャグチャの紙が乱雑に突っ込まれていました。

「何・・・?」私の家のポストだけがそんな状態でしたので恐怖を感じながらもポストを開け、乱雑にポストへ突っ込まれた紙を一枚一枚見るとそれは我が家への請求書や私への手紙などでした。

封筒は破り捨てられ、中の請求書や手紙にマジックで大きく「バカ」「死ね」などのひどい暴言が殴り書きされていました。

私は手が震え、家に入るのもやっとの状態でした。「もうここで生活できない!」「怖い!」そんな感情に包まれ、得体の知れない恐怖に涙が出てきました。

理由なき嫌がらせ・・・子どもに波及するのでは

理由なき嫌がらせはその後も続いております。

私の家の車のナンバーにスプレーでイタズラ書きをされたり、車のボディに傷をつけられたり。

「なぜこんなことをされなければならないのか」と夫とさんざん考え、何度も警察に相談するものの「思い当たることはないのですか?」と言われるばかり。

思い当たることなど一つもありませんし、引越したばかりでこの地でまだ親しい知人もいませんので誰かと接触を深くもつことは私たち家族にはないのです。

物を破損されたり、ポストを荒される生活に恐怖を感じながらも一番不安なのは私たちの子ども2人のことでした。

子どもたちに何か危害を加えられるのではないか・・・それが私は一番心配なのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。