家族と離れて暮らしたかった?突然消えた息子

消えた息子

1年前に家出したきり、音信不通となった息子。

息子の友人から、居場所のヒントとなりそうな情報は得られたものの、個人の力で調べるには限界であり、プロの力を借りたいとのことだ。

【相談者】

・会社員

高校卒業と同時の家出

相談者の息子は、高校を卒業してすぐに家を出たきり、かれこれ1年近く音信不通となっている。

書き置きのようなものもなく、それらしき兆候にも心当たりのなかった相談者には、息子が何を思って家を出ていってしまったのか見当もつかない。

家出が発覚してすぐに、息子の携帯に連絡を試みたが、息子がそれに応じてくれることはなく。

今となっては、携帯のメールアドレスも電話番号も変更されてしまったため、こちらから連絡を取ることすら出来なくなってしまった。

警察にも捜索願を出しているが、息子が見つかったという報告は未だに無い。

息子の友人からの手がかり

息子が家を出て行ったあと、相談者は手がかりを得るため、息子と親しくしていた友人数名に話を聞いた。

すると、息子は以前から仲間内で「こことは違う土地に行きたい」、「家族と離れて暮らしたい」という話をしていたことが発覚。

同時に、息子が北海道での暮らしに憧れていたという情報が手に入ったため、相談者は自ら北海道まで赴き、息子を探して回ったが、その時は結局何の手がかりも得られなかったという。

息子の友人達からは、いくつか有力だと思われる手がかりを得られたものの、個人の力だけで捜すのにはやはり限界があった。

家出の理由が聞きたい

行方知れずになった息子を捜し出し、何故家出したのか、その理由を本人の口から聞きたいのだと語る相談者。

息子の友人達の話によれば、息子は以前から家族と離れたいと考えていたらしいが、それすらも相談者にとっては寝耳に水であり、息子の真意は未だ闇の中だ。

いくら息子が自分達と離れて生活することを望んでいたとしても、やはり突然いなくなった我が子のことは心配だし、一目会って話がしたい。

家族の力だけでは息子を捜し出すことは出来ない以上、プロの手を借りる以外に手は無い…何も言わずに出て行った息子を想い、相談者は捜索への決意を新たにしている。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。