仙台の大学に通う息子が失踪。大学にも行っていない!?

失踪した息子

昨年春から息子は仙台の大学へ通うため、東京の実家を出て仙台駅からほど近いアパートを借りて初めての一人暮らしをはじめました。

入学当初は頻繁にメールや電話での連絡もあり近況を伝えてくれた息子。

しかし、昨年11月頃から仕送りをしても手紙を書いてもパタリと連絡が来なくなりました。

スポンサードリンク

希望溢れる大学生活・・・キャンパスライフにアルバイト、毎日が充実していた息子

昨年春に息子は希望していた仙台の大学に合格し、めでたく大学生となりました。初めての一人暮らし、知らない土地での生活という不安にも勝るほど新生活に期待でいっぱいだった息子。

大学の入学式も無事に終えると大学からほど近い飲食店でアルバイトも決まり、仕送りの負担を少しでも軽減させようと勉強とアルバイトの両立をさせていて私たち夫婦も息子の頑張りには成長を感じる思いでした。

忙しい日々にも関わらず、メールや電話での連絡も欠かさずにしてくれていつも近況を伝えてくれていました。大学のほうでもアルバイト先でも新しい友人に恵まれ充実した新生活を送っているようでほっとしていました。

息子と連絡がつかない・・・メールも電話も返事がなく

安泰な新生活にも慣れてきた秋も深まり、冬へと近づいてきた11月初旬頃でしょうか。急に息子と連絡がつかなくなりました。メールの返事もなく、電話をしてみても電源が切れていて繋がらない。

これまで頻繁に近況報告をしてくれていた息子ですからこれはどうしたことか、と一抹の不安を覚え息子が借りているアパートの大家さんに連絡をして様子を見てもらうことにしました。

「昼間も夜も何度尋ねても部屋は真っ暗で人がいない状態」だと大家さんから言われ、私は不安になり息子のアパートを訪ねてみるとことにしました。すると、やはり大家さんが言っていたとおりの状態でチャイムにも誰も反応しません。

部屋にも人がいる気配がなく、不安は募るばかりでした。大学の方にも不安になり、訪ねてみるとここのところ大学にも欠席状態であることがわかりました。

大学も欠席、アルバイトも無断欠勤・・・消えた息子はどこへ!?

息子のアルバイト先の飲食店も訪ねてみるとここでも「最近、無断欠勤が続いている」と言われ驚きました。

息子は責任感の強い性格で与えられた仕事を放り出すような性格ではないからです。

「これは何かあったのでは・・・事件に巻き込まれたのではないか」と思い、すぐさま警察に飛び込み捜索願いを出しました。

仙台市内の繁華街など息子が立ち入りそうな場所も探しましたが、息子の姿はどこにもなく・・・。

大学側も息子と仲の良かった友人たちに聞き込み調査をしてくれたり、手を尽くしてくれていますが

何か事件に巻き込まれたのでは、悪い道に走ったのではと不安で眠れぬ夜が続いています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。