家出調査

借金を残して逃げた母と、妊娠した妹

中学生の妹を連れて再婚した母親が、1,000万円の借金を残して失踪した。

血縁関係にない父親と二人きりの生活を余儀なくされた妹は、居辛さから男友達の家に泊まり込み、最近妊娠が発覚したと言う。

母親を捜し出し、妹の今後について話し合わなければ…

【相談者】

・主婦

経営不振による借金1,000万円

相談者の実の父親と離婚後、母親は今の父親と再婚し、中学生の妹と三人でアパート住まいをしていた。

小さなお店を経営していた母親であったが、経営状態が芳しくなく、お店の家賃と住んでいたアパートの家賃は滞納が続いていたようだ。

母親は借金に手を出したが、一人で借りられる額には限界があったため、再婚した父親に200万円の借金をさせ、それで足りない分は知人からもお金を借りた。

借金の累計額はおよそ1,000万円…膨れ上がった借金に首が回らなくなったせいか、母親はある日、父親と妹を残して行方をくらませてしまう。

結果、母親が重ねた借金は父親が肩代わりする羽目になり、妹は血の繋がらない父親と二人で暮らすこととなってしまった。

妹の妊娠

母親が失踪した今、妹にとっての父親は赤の他人も同然の男性である。

そんな父親と二人きりの生活に居心地の悪さを感じたに違いないが、妹は男友達の家に泊まり込むことが多くなった。

そして最近、妹が妊娠していることが発覚したのだという。

母親の借金を背負わされる形となった父親は、母親に騙されたことに激怒しており、妹の養育を放棄している状態だ。

そんな父親に妊娠の件など話すことは出来ず、妹は相談者に妊娠を打ち明けたそうだが、相談者は既に自分の家庭がある身であり、金銭的援助も厳しいのが現実である。

妹の将来を考えて

中学生という若さで妊娠してしまった妹。

この先子どもを産むのか、それとも中絶するのか…まだ決断しきれてはいないが、どちらにせよ、母親が必要であることは変わりない。

借金と妹を父親に押し付け、別の男性と逃げたどうしようもない母親ではあるが、捜し出して、各方面への謝罪と離婚の手続きをしてもらわなければいけない。

そして、妹の戸籍、養育、妊娠の件で話し合いの場を設け、今後の事を真剣に考えるべきだ。

特に妊娠に関しては、産むにせよ中絶するにせよ、保護者の協力が不可欠となる。

妹の為にも、なんとか母親を見つけ出さなければ…相談者は頭を悩ませている。

-家出調査

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5