「死ね」「学校へ来るな」…落書きで埋められた教科書

教科書

相談者は先日、息子さんの教科書に酷い落書きがされていることに気がつき、ショックを受けています。

息子さん本人は「自分で書いた」と言い張っていますが、とてもそうだとは思えず、探偵社に調査を依頼することにしました。

【相談者】

・主婦

教科書を埋め尽くす酷い落書き

中学3年生の息子さんは、高校受験を間近に控えており、塾に通いながら志望校合格に向けて頑張っています。

表面上は何の問題も無さそうだったので、相談者夫婦は息子さんの心配をすることも特にありませんでした。

ですが先日、息子さんが落とした教科書をたまたま拾った相談者はショックを受けました。

息子さんの教科書には、ほとんど全てのページに酷い落書きがしてあり、中には落書きで教科書の内容が読み取れないページもあるほどだったのです。

「自分で書いた」と言い張る息子

「死ね」「学校に来るな」…そんな心無い言葉が、いくつも書き殴られた教科書を目の当たりにした相談者は、その場ですぐに、息子さんに事情を聞こうとしました。

ですが息子さんは、それらの落書きを「自分で書いた」と言い張っており、いじめには遭っていないと、相談者の心配を否定するのです。

それ以来、息子さんの教科書は一度も見ていませんが、相談者は未だに、「いじめになど遭っていない」という息子さんの言葉を信じることが出来ずにいます。

息子の様子に変化は無いが…

落書きされた教科書を目撃してからも、息子さんの様子に目立った変化はありませんが、それでも相談者は、息子さんが学校でいじめに遭っているとしか思えず、毎日心を痛めています。

いじめでもないのに、「死ね」「学校へ来るな」などの暴言を教科書に書く人がいるでしょうか?

息子さんは自分で書いたと言い張っていますが、そんな言葉を自分で書くとも思えません。

息子は絶対にいじめに遭っているに違いない…そう考えている相談者は、いじめの証拠を掴んで息子さんを助けようと、調査依頼に踏み切りました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。