無残に破られた、娘の制服

娘

ある日、ハサミでズタズタに裂かれた制服を持ち帰った娘さん。

クラスの中心にいることが多く、積極的で明るい娘さんですが、もしかしたらいじめを受けているのかもしれません。

【相談者】

・会社員

ハサミで裂かれた制服

今年で中学三年生になる相談者の娘さんは、先月、破れた制服を家に持って帰ってきました。

驚いた相談者は、どうしたのかと尋ねたそうですが、娘さんは理由については何も言おうとしなかったそうです。

ですが、制服の破れ方を見た相談者には、ピンとくるものがありました。

娘さんの制服は、どこかで引っかけたような自然な破れ方をしておらず、明らかに、ハサミを使って切り裂かれていたのです。

自分で自分の制服をハサミで切るような真似などするわけがなく、恐らくいじめによるものだろう…と、相談者は考えています。

いじめられるような子では無かったのに…

思い返せば、娘さんは三ヶ月ほど前からどこか暗い顔をしがちだったといいます。

理由を尋ねても「何でもない」の一点張りだったのですが、今考えると、その頃からいじめに遭っていたことが察せられます。

娘さんは、どちらかというとクラスの中心にいるようなタイプであり、担任の先生からも、率先してリーダー的役割をこなしているような、積極的で明るい子だと言われていました。

幼い頃から物怖じしない性格で、家でもおしゃべりばかりしていたような娘さんなだけに、いじめに遭っているというのはにわかには信じ難い話ですが、最近の娘さんの様子を見ていると、その可能性も否定はできません。

娘をいじめているのは誰…?

クラスでは明るいムードメーカー的なポジションにあった娘さんの、突然の様子の変化と、ハサミで裂かれた制服…これらを鑑みても、やはり娘さんはいじめを受けているのかもしれません。

すっかり暗くなってしまった娘さんを案じた相談者は、何とか娘さんに以前の明るさを取り戻して欲しいと思っています。

そのためには、娘さんが誰にいじめられているのかをはっきりさせて、学校に相談しなければ…そう考えた相談者は、今回探偵社に、娘さんのいじめ調査を依頼することにしました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。