学校でのいじめ…眠れぬ程に悩んでいた妹

子供

今年中学に進学し、新しい環境での生活を楽しんでいた妹さんでしたが、最近クラス内でいじめに遭っているようです。

担任の先生は真面目に取り合ってくれませんが、このまま放置しておくことなど出来ず、相談者はいじめの調査に踏み切りました。

【相談者】

・会社員

楽しかったはずの学校が苦痛に…

相談者と10歳違いの妹さんは、今年小学校を卒業し、地元の中学校に進学しました。

環境もガラリと変わり、「新しい友達が出来た」と嬉しそうに報告してくれていた妹さんですが、最近になって、学校から帰ってくると今にも泣き出しそうな顔をしていることに気がついたそうです。

妹さんの様子がおかしいことに気がついた相談者が理由を聞くと、どうやらクラスの女子からいじめを受けているようで、みんなから無視されたり、物を盗られたりといったことが頻発しているとのことでした。

まともに聞き入れてくれない担任

泣きじゃくりながらいじめの事実を打ち明け、そのまま疲れて眠ってしまった妹さん。

良く見ると、目の下にはくっきりとクマが出来ており、いじめのことを考えて夜も眠れなかったのであろうことが察せられました。

苦しむ妹さんを何とか助けてあげたいと、相談者はすぐに親に話し、次の日には担任の先生にも電話をして、いじめを受けていることを訴えたのだそうです。

しかし、対する担任の先生は「何かの間違いでは?」という一点張りで、全く取り合ってくれませんでした。

これ以上、苦しむ妹を見ていられない…!

妹さんの苦しみを理解しようともせず、「気のせい」だと軽くあしらう担任の先生の態度に憤慨した相談者は、学校に直談判することも考えたそうですが、「大事にしないでほしい」と妹さん本人から懇願され、我慢するしかありませんでした。

ですが、担任の先生の態度の酷さには未だに腹が立っていますし、それに何より、泣きだす程に苦しんでいる妹さんを見捨てることなど出来ません。

こうなったら、妹さんがいじめに遭っている決定的な証拠を掴み、学校側にそれ相応の対応をしてもらう他ない…大事な妹さんを守るため、相談者はそう決意しました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。