見るからに元気の無い息子…もしかして、いじめ?

息子

以前はよく遊びに出かけていた息子さんが、ここ最近は家に閉じこもりがちであり、友達関係で何かあったのだろうか…と相談者は心配しています。

もしもいじめに遭っていたとしたら、このまま見過ごすわけにはいきません。

【相談者】

・主婦

家に閉じこもるようになった息子

今年で小学6年生になった息子さんは、以前は外で遊ぶのが好きな活発なお子さんでしたが、最近になって急に、家に閉じこもるようになってしまいました。

加えて、どことなく落ち込んでいるようにも見え、相談者は息子さんの急な変化に戸惑いを隠せません。

息子さんの様子に変化があったのは、およそ一週間ほど前からなのですが、家庭内で思い当たる節はありません。

そうなると、息子さんの変化の原因は学校での出来事に関係していることが考えられますが、息子さんに聞いても「何も無い」の一点張りなのだそうです。

もしかして、知らないところでいじめを受けている…?

相談者が聞いても何も答えてくれないので、それとなく旦那さんにも聞いてもらったのですが、それでも息子さんは何も答えなかったのだそうです。

親に言いたくないということは、やはり原因は学校での友人関係にあるに違いない…そう考えた時に真っ先に脳裏に浮かんだのは「いじめ」でした。

それ以来、こっそりと息子さんの様子を観察しているのですが、怪我などは特に見受けられず、持ち物に落書きをされたり、または壊されたりといったことも特に無かったといいます。

ですが、学校で何かあったことは間違いないと相談者は睨んでいるようです。

以前の元気な息子に戻って欲しい…

相談者夫婦には何も語らないものの、恐らく学校で何かあったのであろう息子さん。

友人との些細な喧嘩が原因であればいいのですが、もしもいじめに遭っているのだとしたら、親として見過ごせません。

そのため、相談者は息子さんへのいじめの有無を調査すべく、探偵社への依頼を決めました。

調査の結果次第では、学校側と話し合う必要も出てくるので、なるべく早めの調査をお願いしたいということです。

以前のように、外で活発に遊び回る元気な息子さんに戻って欲しい…相談者はそれだけを強く願っています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。