遺言状の指紋を調べてほしい

祖母

先日祖母が亡くなりました。
老衰ということで家のベッドで安らかに眠るように息を引き取り、お葬式も滞りなく行うことができました。

それから数日経って、祖母の部屋を整理しようと親戚の女一同で祖母の自宅にお邪魔したのですが、その際に遺言状のようなものを見つけました。
遺言状は普通の便せんに筆ペンのようなもので書かれており、内容は財産は全員で均等に分けてほしいということでした。

遺言状の内容は、生前祖母が話していた事でもあるので反対する者はほとんどいなかったのですが、一人だけ、昔から祖母にずっと資金援助を受けていた息子の長男が遺言状に文句をつけ始めたんです。
その文句というのは、祖母が書いたと思われる遺言状には、祖母の名前が書かれておらず、そして印鑑の代わりなのか、拇印のみが押されていました。
そのため、本当に祖母の書いた遺言なのか、と騒ぎ始めたんです。

他の親戚一同は、昔から祖母の意向は知っており、平等に分けるという事に異論はなかったのですが、長男は自分に対して特別な何かが祖母から与えられなかったことに腹を立てているみたいです。
祖母は昔から癖のある筆跡をしていたので、この遺言状は祖母が書いたものであることに間違いはないと思います。
ですが長男は納得しないので、拇印の指紋が祖母のものかどうか調べてもらえないでしょうか?
できる限り祖母の意向に沿ってあげたいので、よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。