届いた手紙も、実は見られているのかも…?

手紙

浮気に次いで多い、ストーカー被害に関する相談。

中には、相談者の毎日の行動スケジュールを把握し、一日中付け回してくるような悪質なストーカーもおり、時にはポストの中身を漁られている場合もあるということです。

悪質なストーキング行為

探偵事務所に日々寄せられる様々な相談の中で、浮気調査に次いで多いのが、ストーカー被害に関する相談です。

無言電話がかかってくる、迷惑メールが大量に送られる…これだけでも十分な精神的被害と言えるでしょうが、中にはそれに留まらず、さらに具体的な迷惑行為をするストーカーもいます。

代表的なものとして挙げられるのは、相談者の一日の行動スケジュールを調べ上げ、家から会社・外出先までしつこくストーキングするという行為であり、これは特に深刻なものであると言えます。

投函されたハガキが読まれている…?

悪質な付きまとい行為を繰り返すストーカーは、時に相談者の自宅のポストを漁り、中身を確認していることもあります。

封がされているものを開封するまではしないものの、ハガキのように一瞥して分かるような郵便物は、ストーカーに読まれている危険性があります。

友人知人からの手紙や、はたまたダイレクトメールなど、郵便物にはプライベートな情報が多く盛り込まれています。

そこに目をつけ、相談者の行動を把握する悪質なストーカーも実際に存在するのです。

郵便物を把握するストーカー…ノイローゼになる程の苦痛

深刻なストーカー被害に遭い、ノイローゼになってしまったとある相談者の場合、毎日のようにストーカーから電話があり、相談者に届いた手紙の内容を把握していることを匂わせる発言を繰り返されたと言います。

「○○さんにはもう、この前届いた手紙の返事はしたの?」「毎日たくさんのダイレクトメールが届いているね」などと、自分が相談者宛ての郵便物を把握していることをわざわざ明かしてきたストーカー。

さらには、友人から届いた手紙の内容にまで文句をつけてきたらしく、相談者はあまりの苦痛に心を病んでしまいました。

このように、ストーカーの中には郵便物までチェックしているような悪質な輩もいるので、十分な注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。