もう二度と、娘のストーカーはさせない…!

ストーカー

高校時代に陰湿なストーカー被害に遭っていた相談者の娘さん。

今年から大学生になり、一人暮らしをする予定の娘さんの身を案じた相談者は、娘さんが現在ストーカーされていないかの調査を依頼したいということです。

【相談者】

・会社員

ストーカーの有無の調査…それには理由が

今年大学生になる相談者の娘さんは、大学進学を期に一人暮らしをすることになっています。

それに先んじて、相談者は娘さんのストーカーの有無を調査して欲しいという依頼をされました。

ストーカーが実際にいるかどうかも判明せぬうちの依頼となりますが、これには大きな理由があります。

実は娘さんは、高校時代に陰湿なストーカー被害に遭っており、一時は家から出られなくなる程の状態にまでなっていたのです。

娘さんを当時のような目に遭わせたくない一心で、相談者は今回の依頼に及びました。

過去のストーカー被害

娘さんはとにかく我慢強く、両親に迷惑をかけないよう、高校時代のストーカー被害のことは黙っていたのだそうです。

そのため、当時相談者夫婦は、娘さんがストーカー被害に遭っていることに気づかず、娘さんが学校で倒れたことをきっかけに、ようやくストーカーの存在を知ったのだといいます。

そんな我慢強い娘だから、例え再びのストーカー被害に遭ったとしても、自分達には内緒にしておくに違いない…そう考えた相談者は、一人暮らしの娘さんの安全を考慮し、事前の調査を試みることにしたのです。

娘を二度と、あのような目には遭わせない

今のところ、娘さんからストーカー被害に遭っているという話は聞いていないという相談者。

娘さんが内緒にしているだけか、はたまた気が付いていないだけでストーカーされているのか、または本当にストーカーはいないのか…

いずれかは分からないものの、仮に娘さんが気づかぬ内にストーカーされているのだとしたら、娘さんが気づいて苦しむ前にどうにかしたいということです。

自分が苦しんでいるにも関わらず、両親を想って口を閉ざしているような優しい子だからこそ、高校時代のような苦しみを二度と味わわせたくない…その一心で、相談者は調査を望んでいるのです。

コメントは受け付けていません。