ストーカー対策

会社帰りの私を待ち伏せる人影

就職した頃から、面識のない人に付きまとわれて困っているという相談者。

毎日会社近くで待ち伏せ、駅まで付いてくるその男…いつか家までついてくるのではないかと、相談者は不安な毎日を送っています。

【相談者】

・会社員

気がつけばそこに…毎日の待ち伏せ

相談者は昨年大学を卒業し、その後暫くしてとある企業への就職が決まりました。

しかし、就職が決まった頃から、相談者は知らない男に付きまとわれるようになり、不安な日々を強いられています。

きっかけとなった出来事に覚えはないようですが、気がついた時には毎日、その男が会社近くで相談者を待ち伏せており、駅に着くまでの間ついてくるようになっていました。

何も言わずに後ろからついてくるだけの時もあれば、まるで知人であるかのように並んで歩きながら話しかけてくることもあり、相談者は非常に困惑しています。

男の影に怯える帰路

会社付近で待ち伏せされる頻度があまりにも多いため、怖くなった相談者は先日、同じ部署の先輩に事情を説明したそうです。

その先輩は相談者の身を案じ、男を撒けるよう裏口からこっそりと帰してくれたのですが、それでも駅に到着するまでの間、「もしかしたら後ろにあの男がいるのではないだろうか…」という考えが頭から離れませんでした。

裏口から帰ろうが、自分の怯えが収まらないのなら何の解決にもならない。

それに、自分が裏口からの帰宅を繰り返し、男がどんな行動に走るかも分からない…そう結論づけた相談者は、今まで通り正面から帰ることにしています。

もしも家までついてきたら…

毎日のように繰り返される男の付きまとい行為は、今のところ、相談者が会社から駅へと向かう間だけのことであり、駅に着く頃に姿を消すのが常だということです。

しかし、このまま男の行為がエスカレートした場合、いつか家までついてくることも考えられます。

そうなる前に警察に届けるべきかと考えた相談者でしたが、男からの実害らしい実害は今のところないため、それもためらわれるところです。

このまま男の付きまとい行為に怯える毎日を送るのは嫌ですが、こういった事態にどう対処していいのかがまるで分からない相談者は、今日も男の待ち伏せに怯えながら帰路についています。

-ストーカー対策

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5