後輩に付け回される毎日

ストーカー

後輩の告白を断った直後から、その後輩に後をつけられるようになった相談者。

そのうち飽きてやめるだろうという考えとは裏腹に、一向に終わる気配のない付きまとい行為に、相談者はすっかり困っています。

【相談者】

・会社員

自分を追いまわす後輩

相談者は最近、後輩からの付きまとい行為に頭を悩ませています。

仕事が終わり、帰路につこうとすると、後輩が必ず後をつけてくるのだと言います。

始めのうちは、帰宅路が同じなだけだ、偶然だ…と思っていましたが、毎日のように後をつけられては、意図的だと考えざるをえません。

その後輩は、どうやら仕事帰りだけではなく、休みの日も相談者を付け回しているようです。

四六時中後輩に付け回されている状態の相談者ですが、後輩がこのような行動に出ているのにはわけがありました。

彼女の告白を断ったせいで…?

後輩が相談者を付け回す理由…それは三ヶ月前、後輩からの告白を断ったせいではないかと相談者は考えています。

告白を断った直後から後輩のストーカー行為が始まったそうで、相談者はどうしたものかと困り顔です。

きっと、自分に執着が無くなれば自然とストーカー行為も収まることだろう…そう思い、暫く事態を放置していた相談者でしたが、予想に反して後輩がストーカー行為をやめる気配は一向にありません。

今のところはただ付け回されているだけですが、それでも、いつも背後に後輩がいるのかと思うと気味悪く思ってしまいます。

第三者の仲裁を

後輩によるストーカーをやめさせるため、相談者は第三者に間に入ってもらうことを考えています。

一対一でストーカーと話すことは危険であり、例え相手が後輩であろうと、決して例外であるとは言えません。

そのため、出来れば後輩がストーカー行為をしている証拠を掴んでから、第三者を置いてストーカーをやめるよう話し合いをしたいのだと言います。

自分に好意を寄せている後輩とはいえ、執拗に追われ続けては迷惑でしかない…そのことを後輩に理解してもらわなければなりません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。