「付きまとい」に悩んでいませんか?

視線

ストーカー行為と言われて真っ先に思い浮かぶのは、ストーカーによる執拗な付きまとい行為でしょう。

誰かに付きまとわれていると感じる時は、然るべき対策をとって身の安全に努める事が大事です。

ストーカーと言えば、「付きまとい」

一口に「ストーカー行為」と言っても色々ありますが、中でも代表的なのは、ストーカーによる付きまとい行為です。

ストーカー被害に遭ったことが無い人も、「ストーカー」と言われれば真っ先に、付きまとい行為を連想するのではないでしょうか。

「付きまとい」とは、主にストーカーによる尾行や待ち伏せを指します。

自宅からずっと後をつける、通勤・通学中に待ち伏せする、または職場や学校に押し掛けたり、ターゲットを見張ったりというのも、「付きまとい」にあたります。

付きまといへの有効な対策は?

もしも誰かに付きまとわれている場合、決してそのまま放置せず、自分にも出来る防犯対策をしておくことが重要です。

例えば外出する時には、すぐに取り出せるところに防犯ブザーを忍ばせておいたり、不安を感じたらタクシーで移動したりというのも、立派なストーカー対策になります。

この他にも、自宅の窓にカーテンをつけたり、ドアや窓を開ける際に一度周囲を見回して、怪しい人物がいないか確認したりすることも、有効な対策と言えるでしょう。

いざという時は、躊躇わずに助けを求めて!

以上、付きまとい行為への対策をいくつか紹介しましたが、ストーカーによる迷惑行為には、監視や無言電話、名誉棄損に繋がる行動など、様々なものが考えられます。

ストーカー対策をしているから安心だ…などと決して油断せず、身の危険を感じた時は躊躇わずに、警察や近所の人に助けを求めて下さい。

不審な人物の姿を確認した時も、一人で対応することは避け、第三者を呼びましょう。

ストーカーされているというのは、なかなか他人には相談しづらいことだと思いますが、一人で悩まずに、信頼できる人に相談しておくことも、立派なストーカー対策の一つなのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。