夫のナンパ癖に離婚を決意

ナンパ夫

「ナンパ」がきっかけで結婚した夫。しかし結婚後も夫のナンパ癖は止まず、毎日GETした女の子と遊び歩く毎日。先月浮気相手が認知を求めて家に押しかけ、漸く決心がつきました。苦しんだ分慰謝料を貰って離婚したい。

   主婦

夫と知り合ったのは「ナンパ」でした

私は結婚4年目の28歳主婦です。夫は31才になります。夫と知り合うきっかけは、私が夫に「ナンパ」されたことでした。夫はナンパが趣味というだけあって、私が言うのもなんですがイケメンで話上手。私の方がすぐに夢中になり、夫の部屋へ押しかける形で同棲、結婚しました。

夫は私と付き合っている時も、ナンパを辞めてはくれませんでした。実は私をナンパした日も、私以外に何人もの女性に声をかけていたようです。

そんな夫と結婚したわけですから、多少の浮気はある程度覚悟していました。それでも結婚生活を続けてきたのは、夫にとって私が一番だと思っていたし、結婚生活を続けていれば、いずれナンパも治まるだろうと思っていたからです。

一向に収まることのないナンパ癖

しかし、私の考えは甘いものでした。

結婚してからも、夫のナンパ癖は収まらず、毎日何人もの女性に声をかけては、GETした女性と遊び回る生活を続けているのです。イケメンで人当りのいい夫はナンパの成功率も高く、遊び相手の女性に困ることがありません。大抵はワンナイトラブというか、その場限りの関係なのですが、中には短い期間ですが特定の女性と関係を続けることもあり、その度に私は苦しい思いを強いられました。

二股、三股は当たり前の女性関係で、私の目の前で相手の女性とホテルに行く約束の電話をされたこともあります。屈辱的ですが、それでも私は夫のことが好きで好きでたまらず、そんな夫を黙って見ているしかありませんでした。ヘタに文句を言って、夫と別れたくはなかったからです。

浮気相手に家に乗り込まれ、やっと目が覚めました

もはや私の気持ちだけで続いていた結婚生活でしたが、そんな私の我慢の限界を超える事件が起きました。

先月、浮気相手の女性が家に乗り込んできたのです。

女性は夫の子どもを妊娠しており、夫に認知をして欲しいと詰め寄ってきました。夫は自分の責任ではないと早々に家から逃げ出し、私と浮気相手は呆気にとられ、その後話し合いどころではありませんでした。

その時に漸く、自分がなんてバカな相手を好きだったんだろうと気づいたのです。かなり遅めでしたが。

結局夫にとって、私を含め女性はただの欲望を満たす相手でしかありませんでした。そして私は離婚を決心したのです。

今までさんざん夫に苦しめられてきましたので、その分の慰謝料をきっちりと貰って離婚したいです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。