すれ違いの気持ち

男女

つきあい始めたばかりの恋人にとっても、熟年の夫婦にとっても辛いのが、夫婦間の気持ちのすれ違い。

言葉にしてしまえば簡単で、日常的に使われることも多いものですが、実際にそれが原因で破局・離婚までに至ってしまう人も少なくありません。

離婚の原因というと、よく挙げられるのは「浮気」「不倫」かもしれないのですが、それも最終的には、というより根本的には、浮気や不倫そのものというよりもお互いの意思疎通や伝え合うことがうまくいかず、すれ違いによって離婚してしまったと言うこともできるでしょう。

よくありがちなのは、相手に何か言いたいことや聞きたいことがあっても、嫌われたくない、ケンカに発展させたくない一心で飲み込んでしまい、それが積もり積もって爆発してしまう、そしてその頃にはもうすれ違い具合が手遅れなまでになってしまっている……というケース。

片方が過去のことまで根に持つタイプ、片方が過ぎたことはあっさり忘れてしまうタイプだったりすると、事態はいっそう厄介です。

さいわいにも現在では、直接相手と会話をしなくとも、メールなどで気になっていることや気持ちを伝えることは可能です。

メールで伝えるのはちょっと……という考えもあるかもしれませんが、引っかかったことをずっとそのままにしておくよりはいいですよね。
なるべく相手との意思疎通を日常的にはかることで、すれ違いを防ぐこともできるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。