探偵は推理もしなければ、犯人を逮捕したりもしません。

ネクタイ

この中に犯人がいる…!なんて一言から、その場に集まった人たちを驚かせ、得意げに推理を披露していき、証拠を突き付けて犯人を逮捕する。探偵とはそういう職業の人だとお考えの場合、残念ですが、それはフィクションです。

犯人逮捕は探偵の仕事ではないのです。

スポンサードリンク

探偵は刑事事件に関与できない。

民間人が刑事事件の捜査ができないように、探偵も民間人ですので、刑事事件に関与することはできません。探偵が介入できるのはあくまでも民事事件の範疇となります。でも、どこまでが民事事件なのか、ちょっとわかりにくい部分もありますよね。

民事事件とは、個人間での一般的なトラブルを指し、浮気調査や、人探し、家出人捜索などがあります。ほかにもストーカー対策や、盗撮・盗聴器の発見など多岐にわたります。

ただし、中には刑事事件に発展するケースも少なくありませんので、未然に防ぐための調査でもあります。

例えば、あなたがストーカー被害に悩んでいたとします。警察に相談をしたところで、警察は捜査をしてくれません。探偵が刑事事件に介入できないように、警察も民事事件に介入できないからです。実際にストーカーから暴行を受けて、初めて警察は刑事事件として取り扱うのです。

まずは探偵に相談し、調査のもと証拠を集めて、警察に相談しましょう。

探偵は、推理で報告書の作成はしません。

たとえば、夫の浮気調査を依頼したとして、探偵から「旦那さんは仙台の歓楽街を歩いていました。よって浮気をしている可能性が高いです」などといわれても、証拠がない以上、夫に詰め寄ったとしても意味がありませんよね。

もちろん、その場を写真に収めていたとしたら、歓楽街を歩いていた証拠にはなりますが、それがそのまま浮気という事にはなりません。

調査報告は事実に基づいたものでなければいけないのです。ただし、世の中には報告書を偽造し、不当に調査料を請求される場合もありますので注意が必要です。本当にきちんと調査された報告書というものは、その場の空気感が伝わるほど細かく書かれているので、素人目にもしっかりと調査しているという事がわかると思います。

もし、報告書を見たうえできちんと調査されていないのではないかと思われたら、再調査を行うよう依頼してみてください。契約を取り消すこともできますし、弁護士に相談するというのもひとつの手段です。

もちろん、逮捕権もありません。

ストーカーされている気がするからといって、調査を依頼しても、探偵には逮捕権がありませんので、ストーカーを逮捕するということはできません。もちろん、現行犯の場合は身柄を拘束する現行犯逮捕は可能です。これは探偵だけでなく、誰もが持つ権利です。

ドラマや映画だと、犯人との格闘の末、身柄を拘束なんていう場面もあったりしますが、探偵がみな、格闘技の経験があったり、腕っぷしが強いというわけではありません。どちらかというと調査をするうえでは、平凡な体躯であったり、地味な印象の方が調査対象に意識されにくい分、やりやすいということもあります。

なんにせよ、探偵事務所によって、探偵は様々ですので、依頼内容にきちんと応えられる探偵事務所に依頼することが大切です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。