こんな夫は浮気される!心にとめたい3つのこと

浮気された夫

夫として妻に浮気されるのでは・・・と常に不安になってしまう男性も多いことでしょう。

それもそのはず。近年は女性側の浮気や不倫も芸能人の報道でもよく目にする傍ら、一般人でも浮気や不倫をしている女性は意外と多いものなのです。

それも「え?この人が?」というような女性に限ってです。

今回は浮気されやすい夫の特徴を3つご紹介します。

スポンサードリンク

常に束縛

女性から最も嫌われるのは束縛感の強い男性です。妻のことを愛するということは素晴らしいことです。

しかし、愛し方がいつのまにか”束縛”になってしまっているケースもあります。

過度な心配や過保護じみた夫の対応は妻からしてみればただの鬱陶しい束縛にすぎず、自由になりたい!と思われていることもあります。

この「自由になりたい」という願望はストレスになり、やがてストレスのはけ口としていつのまにかフラッと浮気・不倫に走ってしまう・・・という女性も多いものです。

妻のことを愛するあまりあなたの態度は何から過剰になっていないか今一度振り返ってみましょう。

いつも一緒にいる、いつも妻を迎えに行く・・・どれも女性からすれば嬉しいことですが、常にこの状態では”束縛”と思う女性もいます。

もう大人の女性なのですから時にはひとりの時間を持たせてあげることも、自分以外の人と出かけたりすることもよしとしましょう。

かえってあなたの束縛から他の人の元へ心変わりしてしまうより遥かに良いでしょう。

疑心暗鬼すぎる

妻に浮気されたくない!という男性は常に疑心暗鬼になっている傾向があります。

妻がひとりでどこかに出かければ「今なにしてる?」「どこにいる?」そんな連絡を入れがちな男性は、だんだん妻から「うっとおしい。一人にしておいてよ!」と思われてしまいます。

あなたの心配からの連絡でも一人の時間、或いは友人との時間を過ごしている妻にとってはイライラする原因に。

こんなことが重ねればそれこそあなたから心変わりしてしまうということもありえなくないでしょう。

また、疑心暗鬼のあまり妻の手帳やスマホをチェックするなど隠れてコソコソ妻の素行調査をしたり、ひどいと自宅に監視カメラをつけているという男性もいますがそこまで疑心暗鬼になると逆に、妻はどんどんあなたを引いた目で見るようになるでしょう。

愛する妻だからこそ無償の愛で「信じる」ことも必要です。疑えば疑うだけあなたの心も狭まり、いつしか本当に妻から見放される可能性も。

亭主関白もほどほどに

今時、”亭主関白”という言葉も聞かなくなって久しいですが、それでも言い方を変えて”俺様系”などという言葉に代表されるように「女は黙って俺についてこい」というような男性もまだいます。

そういった男性が頼もしい、かっこいい、好みだという女性もいることは確かです。

しかし、当初はあなたのそのような態度に魅力を感じていても結婚生活としてそういった態度で接するあなたと日々過ごしているとだんだんと「ウザさ」と感じるようになってきたりするものです。

あなたは妻にとっていつのまにか「ウザったい人」になっていませんか。「俺についてこい!」も悪くないものですが、女性側の意見や気持ちも蔑ろにしていないか今一度振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。