まさか・・・夫が不倫に走る原因3つ

浮気夫

「男性はなぜ不倫するのか」というのは女性を悩ませる永遠の課題です。

確かに不倫する側が100%悪いのは事実です。

しかしながら、不倫に走らせる原因というものも多少なりともあるかもしれません。

今回は男性を不倫に走らせる原因を3つご紹介します。

スポンサードリンク

感謝の言葉がない

夫との結婚生活も5年、10年と時を重ねると夫も家族の一部となり付き合っていた頃のような恋人同士のときめきや新鮮味もなくなります。

そこで女性が忘れがちなのが夫への感謝の言葉です。

夫が洗濯ものを取り込んでくれた時、料理を運んでくれた時・・・「ありがとう」の言葉を言っていますか。

「家族なんだから言わなくても伝わっている」と思う方もいるでしょう。しかし、やはり気持ちは言葉に出さなければ相手には伝わりません。

照れくさいようでも何かしてもらったらやはり長年寝食を共にした相手でも感謝の言葉はその都度伝えたいものです。

これだけでも夫は嬉しくなりますし、やりがいも感じます。

この言葉がないだけで「自分は認められていない」という気持ちになり、寂しさから自分を認めてくれるほかの女性と不倫するという男性はとても多いものです。

今一度、家庭内で感謝の言葉を自分は夫にきちんと言えていたかどうか振り返ってみてください。

尊敬の気持ちがない

よく自分の夫の悪口をしている主婦の集団を見たことがある方も多いでしょう。

他人から見ても決して良い光景には見えませんが、いつのまにか結婚生活も長引くと夫の嫌な面もたくさん見えてきてストレスが溜まることも確かにあるでしょう。

けれど、一緒に暮らしていれば「蔑ろにされている」ということは言わずとも夫にも伝わるものです。

長い結婚生活をしていれば確かに相手の嫌な面や欠点もたくさん見えてきます。それ以上に相手の良い面をたくさん見つけて、嫌な面より良い面だけを見るようにしてみませんか。

あなた自身の気持ちも嫌な部分にだけ向いていた時より心が晴れやかになるのではないでしょうか。

「うちの旦那はいいところなんて一つもなくて・・・」という女性もいます。

本当にそうでしょうか。家族のために毎日真面目に働いてくれる。給料をきちんと家に入れてくれる。

特段、個性があったり、秀でているところがないように見える人でも、これだけでも十分感謝し尊敬できると思いますよ。

男のプライドを傷つけている

「うちは○○さんのところより収入が少ない」
「○○さんの旦那はあんなにやり手なのにうちときたら・・・」
「毎日切り詰めててつらい」

生活への不満が溜まってついついこんな愚痴を日々こぼしていませんか。男性からすればこれは男のプライドを傷つけられることになります。

子どもがいればあなたのその愚痴を聞いて「うちは貧乏なんだ」と思うでしょう。

やがて子どもまであなたと同じようなことをそれとなく言い出すようになります。

男性は女性よりはるかにプライドというものを持っています。そのプライドを傷つけられると修復不能になることすらあるのです。

忍耐強いタイプの男性ならばこれらの言葉にもある程度耐えてくれるかもしれません。

が、ある時一気に爆発する可能性もあります。

女性に暴力をふるったり、暴言を吐けないタイプの男性は発散する方法がないので、外の癒される女性に走り不倫にはまってしまうこともあります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。