ありがち!あるあるな浮気言い訳から見る心理2

浮気妻

現実にしろテレビドラマにしろ意外とよく聞く「浮気の言い訳」。あなたも思い当たるものがありませんか。特に男性の浮気の言い訳はありがちなものばかり。

そんなありがちな「浮気の言い訳」から男性の心理を読み取ってみましょう。あなたのパートナーもこれを言い出したら注意かも?

スポンサードリンク

そんなに俺のこと信じてないの?

これもまた、テレビドラマでもよく聞く浮気の言い訳の台詞ともいえるべきものですね。

皆さんもどこかしらで耳にしたことはある言い訳ではないでしょうか。

「信じてないの?」と逆質問することで自分をより正当化させようとしている企てです。

実際、何も浮気をしていない場合でもこう答える場合はあると思いますが、この言い訳をした際の目線や挙動、言い方などが不審なようであれば浮気を疑っても良いかもしれません。

しかしながら、あまりしつこく浮気を問い詰めるのはNGです。

パートナーがあなたとの関係や家庭に失望している場合、さらにあなたとの関係にうんざりしていきますます離れていくという結果になりかねません。

復縁を望んでいるならばしばらく放っておきましょう。目が覚める可能性もまだあるかもしれません。

そっと様子を見ることも大事です。

一番好きなのは君だよ

浮気者と言われるようなすぐ魅力的な女性に飛びつく男性が言いがちな言い訳です。

「一番好きなのは君だよ」という言葉であなたの情に訴えかけてきています。

情深い方はこの言葉にだまされ、鵜呑みに信じてしまう方もいると思います。

が、このテの言い訳をいう男性はただ単に女性をキープして都合よく相手にしてもらいたいだけの場合も多いので要注意。

なんだか私遊ばれてる?と思ったら即座にあなたも身を引くのが良いでしょう。

次々、彼の浮気に悩まされその都度「一番好きなのは君だよ」という言葉で許してあげていてはキリがありません。

よりよい人生を求めるためにもスッパリ関係を清算してしまうのがあなたのためかもしれません。

情に訴えかけて女性をつなぎ止めようとする男性は女性関係にだらしない人が多いのが特徴です。

酔っぱらってたから全然覚えてない

これもあるあるな言い訳ネタです。

「上司に無理やり・・・」「断れなかったんだ」など、誰かのせいにして自分を正当化する人も多いですが酒のせいにして自分を正当化する人もいます。

「酒が入っていたから覚えていない」なんて言い訳を聞いたらどんな女性も怒りを覚えるでしょう。

「仕方ないわね」とはならないはずです。このような言い訳をする男性は姑息な一面もありそうです。

こんな言い訳を頻繁に言い出すようになったらとりあえず、浮気を疑ってみるのも一理あるでしょう。

本当に酒の席に出ていたのかパートナーの知人や会社に聞いてみたりして裏づけをとるのもいいかもしれません。

いずれにしても、いい大人ならそうそう記憶がなくなるまでお酒を飲むようなことはしないはずです。

浮気をお酒のせいにして重ねる男性もいますから要注意。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。