夫に浮気された時、気をつけたいこと3つ

妻

愛する夫が浮気・・・どんな女性でも一度は愛を誓い合った夫が浮気したと知れば大きな落胆をするものです。

悲しみ、怒り、呆れ、喪失感・・・数多の感情があなたに降りかかるでしょう。

「浮気された」ということはそれほど女性にとって大きなダメージがあります。

今回は浮気された場合、女性が気をつけてほしいことを3つご紹介します。

スポンサードリンク

自分に自信が持てない

夫に浮気された女性は自分に自信が持てなくなる傾向があります。

「私には女としての魅力がないのか」「家事も仕事も育児もきちんとやっているつもりだったのに、駄目だったのか」・・・このように「自分は魅力がない」「駄目な女」と自分を卑下しがちになってしまいます。

こうなってしまうとあらゆることがネガティブにしか捉えられなくなり、生きること自体がつらくなってしまうという女性もいます。

浮気には確かに原因が存在することはあります。けれど、浮気の原因は妻が至らないという場合より男性側の個人的なストレスだったりすることが多いのです。

これまでの自分を振り返ってみることも浮気に限らず時折は大切ですが、ネガティブになりすぎるのも問題です。

「自分が悪いのでは」思考はやめましょう。浮気はどんな理由があっても浮気した方に非があります。

相手の女性に復讐したい

愛する夫を奪った女性に復讐したい…と激昂型の女性であれば思ってしまうかもしれません。

不倫や浮気で刃傷沙汰事件が起こるのはこのような自己コントロールを失った女性が往々にして起こしてしまうものです。たかが浮気といってもこのような事件が起こり、後遺症を負うこともあります。

相手の女性が憎い、許せない、なんとか復讐したい!という気持ちはとてもよくわかります。けれど、その気持ちを振りかざしたところであなたの夫はあなたの元へ帰ってくるでしょうか。

あなたは犯罪者になり、今より更に肩身の狭い人生を歩むことになりかねません。

憎い気持ちはとてもよくわかります。でも、ほんの浮気相手にあなたの人生まで奪われ傷付けられるということも可能性として頭に置いておきましょう。

そう考えれば、憎しみや復讐をぶつけるのは馬鹿げたことと思えるかもしれません。まずは、冷静になり大人として落ち着いた対応をするよう心がけてください。

死んでしまいたい

夫のことを心から深く愛していた・信用していた女性は浮気のショックはただならぬものでしょう。

夫に裏切られた悲しみと絶望から食事ができない・日常生活が手につかないなど深刻な状態になってしまう女性もいます。

そんな状況から思いあやまって自殺してしまうケースや自殺未遂を起こしてしまう女性もいるのです。

こうした女性は人に打ち明けることを嫌う傾向にありますので自分の両親や信頼できる友人・知人、カウンセラー等にも話すことができず1人で悶々と浮気問題を抱えてしまうのです。

「もう死んでしまいたい」そう思い出したら、信頼できる人に話してみませんか。

あなたの問題を足蹴にする人はまずいませんし、誰かしら真剣によりそってくれる人はいます。

自分ひとりで問題を抱え込み、自分を追い込んだとしても浮気問題は解決しません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。