男性が浮気から本気になる時ってどんな時?

浮気現場

「浮気は許せない!」という人が男女共に多くの人の価値観だと思います。

中には「遊びなら少しは許容できるかも」という人はいるかもしれません。

しかしながら、それでも浮気が本気になってしまうことを嫌がる人は多いものです。

では、浮気が本気になってしまう瞬間とはどんな瞬間でしょう。

今回は男性目線で紹介します。

浮気相手の方が優しかったとき

長年関係を保ってきたパートナーでもやはり、ずっと一緒にいることでお互いに気遣いができなくなってくることがあります。

それは長年一緒にいるゆえの「許してくれるだろう」「このくらいなら大丈夫」といった信頼からの甘えである場合も多いものですが、お互いにそういった甘えが”気遣いができない”に変化してくると「優しさに欠けている」とお互いに感じるようになってくるでしょう。

そうなると男性は他の女性に魅力を感じるようになってきます。

特に仕事がうまくいかない、パートナーとの関係がうまくいっていない、家庭がうまくいかない・・・という時に何気なくやさしくしてくれた女性というのは男性にとってはとても魅力を感じられるものです。

そうなるとおのずと浮気するつもりはなくてもだんだんとそういった優しい女性に心が傾き、いつのまにか本気になっていたという人は多いものです。

喧嘩が絶えないとき

長年パートナーと一緒にいると、お互い言いたい放題になる傾向があります。

そうなるとお互いに留まることなく言い分を主張しはじめるので日常的に喧嘩が多くなってきます。

喧嘩が多くなると当然、パートナーと一緒にいるのを不快に感じたり、一緒にいること自体が苦痛になってきます。

そうなると何気なく魅力を感じていた仕事場の女性と浮気に走ったり、遊びのつもりだった浮気が本気モードに進展してしまったりします。

多くの男性は女性に癒しを求めています。

会っていても、家に帰っても常にパートナーが不機嫌で喧嘩がちだとすれば男性にとってはストレスでしかなくなってしまいます。

そうなれば他の女性に心が傾くのも仕方がないといえるでしょう。

思い当たる女性はパートナーと喧嘩になりそうになったらちょっと自分の方から引いてみてください。

窮屈さを感じたとき

付き合いはじめの頃は「さみしい、さみしい」「会いたい」と頻繁に言う彼女がどこか人なつっこくて可愛らしく思えても実際長い関係になってくると頻繁にこういったことを言われてみると男性からすると面倒で窮屈にしか感じなくなってきます。

また「どこに行ったのか」「何をするのか」等、こと細かく色々聞いてきたり極度に他の女性と接触させないようにする束縛感の強い女性は男性からしてみれば窮屈になってきます。

愛情も裏を返せば束縛にもなりえるということです。

こういった愛情の裏返しの束縛から息苦しくなり、ゆっくり心くつろげる女性と男性は付き合いたいと思うようになってきます。

そうなると浮気に走りやすくなるのも無理がありません。パートナーを無意識に束縛していないか思い返してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。