なぜ浮気するの?男性が浮気する心理3タイプ

浮気現場

いつの世も「浮気」はなかなかなくなりません。男性の浮気に悩まされ、涙を流す女性は後を絶たないものです。

「浮気をするなんて人として問題がある!」とバッサリ言ってしまえばそうですが、一口に浮気といっても様々な心理が働いた上での浮気という結果もありえるのです。

スポンサードリンク

何に対しても不満を感じている

あなたの周囲にいつも必ず愚痴を言っている、不平不満ばかり漏らしている、感謝の言葉がない・・・そんな人はいませんか?こういった人は何事に対しても悪い面しか見つけることができません。

このような人は例えば1日の中で1つ良いことがあったとしても「そんなものは当たり前」「大したことない」などという価値観なので幸せを見出すことが難しいタイプの人です。

ですから、このような人はパートナーを見つけ恋愛関係・婚姻関係にいたったとしても常にパートナーの悪いところばかり見てはアラ探しをし不平不満だらけというタイプの人が多いのです。

ですから、すぐにパートナーのことも「物足りない」「自分はこんなにしてあげているのに」と思いがちです。

また、不平不満から「もっといい人がいる」「この人は恋人・結婚相手ではない」と判断して浮気に走りやすい傾向にあります。

精神的に満たされていない

浮気する男性のほぼ全てにいえるのがこの精神的な充足度です。

精神的に満たされている男性は恋人がいたり、妻がいる中で魅力的な女性に出会っても浮気をしたいとまでは思わないでしょう。

家庭への不満、仕事でのストレスや不満など何らかの精神的充実がとれていない男性はストッパーが外れたように浮気に走る傾向にあります。

特に家庭で夫婦のあまり会話がないなど満たされていない男性はさみしさを埋めようと自分に優しくしてくれている女性に傾きがちになり、そこから浮気に発展していくことが非常に多いのです。

心のちょっとした隙間にポンとやさしかったり魅力的な女性が現れると恋人や妻がいることも忘れて浮気に走ってしまうというのが多くの浮気する男性の心理といえるでしょう。

相手を信用できない

元々、性格的に心配性だったり精神的に不安定な人は常に「この人にいつ別れを切り出されるのではないか」という不安を付き合っていても思う傾向にあります。

そこでいざ別れられても次があるように、とまるで保険をかけるように現在のパートナー以外の女性を次々作ってしまうという男性もいます。

過去の自分の家庭で両親がいつも喧嘩ばかりしているのを見ていたり、過去の自分の恋愛経験でひどい経験をしたことにより異性に対して苦手意識が強くすりこまれたりしていると異性に対して心から信じることができなくなってしまうという人もいます。

そういった場合、自分で意識せずともこうした行動に走りやすくなってしまう男性もいるのです。

あなたのパートナーの男性が人を信じることが苦手なタイプに思えた場合、常に安心させる体験を繰り返していくことでこのような行動には走りにくくなるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。