結婚3年目、夫の浮気が発覚したらやるべきこと

浮気する男性

結婚して早3年、子どもも出来て結婚生活も安定しはじめたそんな頃・・・夫の浮気というのはそんな結婚生活も馴染んできたくらいの時期に発覚するケースが多々あります。

女性の皆さんは夫の浮気が発覚したらどうしますか?

悲しみに明け暮れる方、怒りで問いつめる方、刑事のようになってしまう方・・・とタイプは様々ですがここでは夫の浮気が発覚したらどうすべきかいくつかご紹介します。

スポンサードリンク

まずは冷静に事態を見つめる

愛する夫が他の女性と浮気していることは「女の勘」ともいいますが、夫がどんなに巧妙に隠しだてしていても女性の多くは薄々気づいてしまうようです。これを読んでいる女性の皆さんも経験があるかもしれませんね。

男性は表面に出てはいないと思っていても、女性は男性の些細な態度や言動から変化をうまく読み取る能力が長けています。まず、夫がどうやら浮気をしているようだということに気づいたら多くの女性はショックで悲しみに明け暮れたり、果ては怒り狂って問い詰めたり、冷静な人はまるで刑事のように夫の動向をチェックしたりします。

いずれにしても夫への信頼がガラガラと崩れ去っていく心の寂しさ、裏切られた怒り・悲しみは女性にとってはとてつもないストレスです。

即座に探偵社に相談するという女性も勿論、いますがまずは受け入れられないかもしれませんが「浮気しているかもしれない」という事実を冷静に受け止めるようにしましょう。ここで取り乱したり、怒り狂って夫を激しく問い詰めると修復できるものも修復できなくなる場合があります。

プロへの依頼はしばらく置いて絶妙なタイミングで

ところで、先ほど探偵社へ依頼するという話をしました。

女性によっては自分で夫を尾行したり浮気現場の証拠写真をとったりと探偵社さながらのことを1人もくもくとしてここぞ!という時に夫に証拠を叩きつけるという果敢な方もいます。

が、いずれにしてもこれらのことはプロに任せたほうが確実ですし、自身でこれをやると心の傷がより深くなる可能性があります。

事実は事実として認めたい!どうにか真実を突き止めたい!うやむやにしたくない!という女性の声もとてもよくわかります。探偵社に相談したいというお気持ちもよくわかります。

ただ、浮気の初期段階から探偵社に相談してもなかなかうまく手がかりをつかめないというケースも多々あります。夫がなんだか浮気しているようだ、ということを嗅ぎつけたらまずは夫の行動パターンなどを地道に記録していきましょう。

例えば何曜日に飲み会へ行った、だとか急に会社に出かけただとかそんな些細な出来事で大丈夫です。これらの些細な記録や行動の変化を数ヶ月記録した上で探偵社に相談すると行動パターンがより調査しやすくなり、結果としてはっきり出るといえるでしょう。

覚悟を決める

夫の浮気が発覚すると「今の夫を愛しているし、子どももいるから別れたくない」という女性と、「一刻も早くこんな夫と別れたい!私は私の人生をこれから生きる」という女性とに別れる気がします。

もちろん、その中間で「別れるべきか、別れないべきか」と揺れ悩んでいる女性もたくさんいます。しかしながら夫が浮気したということはあなたと子どもに対して不義をはたらいたということは紛れもない事実なのです。

夫が浮気に対して改心することもなく隠す、浮気し続ける場合はもはや離婚をすることでしかあなたは幸せになれないといえるでしょう。浮気する夫を許して家族としてかたちだけ受け入れ続けるというのも心情的にはなかなか難しい話です。

夫の浮気が発覚したらまず「場合によっては離婚もするかもしれない」という覚悟を持っていた方が後々、心理的にも多大なショックを受けないでしょう。子どもがいる場合は子どもの養育などの問題も大きく降りかかってきますが、その点も少し心に留めておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。