「浮気調査」の素朴な疑問にお答えします。

時計

パートナーの行動が怪しい!「浮気調査」をしたいけど、みんなは一体どんなところに依頼して、調査にどれくらいの時間をかけて、そして料金はいくらなの?

そんな「浮気調査」初心者さんの素朴な疑問にお答えします。

スポンサードリンク

「浮気調査」はどこに依頼すればいいの?

「浮気調査」とは言いますが、人はどんなところに「浮気調査」を依頼しているのでしょうか?

昔からあるのが「興信所」というところ。以前はよく結婚前に親や親族が相手の素行や親類縁者の評判などを調べることがありました。

そういう時に調査を引き受けてくれる調査会社です。今では個人情報保護などの問題により、そのような調査は少なくなりましたが、培ってきたノウハウを生かして「浮気調査」も引き受けるようになっています。

次に「探偵社」もしくは「探偵事務所」というところ。最近ではテレビでも「公開浮気調査」や「人探し」に探偵が登場しているので、こちらの方が興信所より身近に感じている方が多いのではないでしょうか。

興信所と探偵社に法律的な境界はなく、両方の看板を掲げている所も多数ありますし、今は調査方法などにも違いはほぼないと言ってもいいでしょう。「浮気調査」はどちらに依頼してもOKです。

「浮気調査」にはどれくらい時間がかかるの?

では「浮気調査」にはどれくらいの時間をかけるのが一般的なのでしょうか?

これは浮気相手やパートナーの行動をどれだけ事前に把握しているかで大きく変わってきます。例えば依頼の段階で、パートナーの浮気の日時がある程度分かっているなら、日数も時間も少なくて済みます。

或いは浮気相手に心当たりがあり、パートナーと浮気相手が毎日のように接触している場合も、すぐに証拠が取れるので短い期間で済みます。

逆に浮気相手がどこの誰か分からない、いつ会っているのか特定できない、といった場合、調査が1か月以上になる場合もあるそうです。

「浮気調査」の目的が、離婚のための不貞の証拠を集めるということなら、1回の証拠では弱い場合があり、大抵3回程度は決定的な証拠を用意するそうで、その場合平均すると3日から一週間前後が調査にかかる日数のようです。

「浮気調査」にはどれくらいの金額がかかるの?

では「浮気調査」にはどれくらいの金額がかかるのでしょうか?

インターネットで調べてみると、1回の調査が1万円!など破格の低料金で調査を請け負う探偵社もあるようです。しかしそれが本当かどうか、ネットの情報を丸々鵜呑みにすることはできません。

一般的に、「浮気調査」にかかる費用は、以下の計算で算出します。

調査費用=人件費(調査員単価(5000~12500)円/1時間*調査員の人数*調査時間)+諸経費(交通費+結果報告書類作成費+弁護士など関係者紹介費など)

諸経費に関しては、人件費の中に組み込まれている場合もあります。

例えば2名の調査員が8時間調査するとすれば、5000(~12500)*2*8=80000(~200000)円+諸経費が調査費用になります。

調査を行う場合、対象者に逃げられないために2~4名程度の人員を割くのが普通です。浮気調査の日数は大体3日~一週間前後なので、2名で8時間*3日間とすれば、24(~60)万円程度かかります。

料金は探偵社によりかなり開きがあるので、これを目安に良心的な探偵社をあせらずに探してみて下さい。

参考サイト
 安い探偵 興信所
 一般社団法人 東京都調査業協会
 浮気調査の料金|離婚|復縁

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。