気になる「浮気調査」の料金体系は?

バッグ

「浮気調査」を行ってくれる探偵社や調査会社は、今や星の数ほど存在します。そして会社の数だけ「調査料金」にも違いが!。

その理由は調査料金の算出方法の違いでした。教えて!「浮気調査」の料金体系にはどんなものがあるの?

スポンサードリンク

基本はこれ「時間課金制」

探偵社・調査会社の調査費用の計算方法として、一番利用されているのが、「時間課金制」です。

(探偵1人/一時間の拘束料金)*調査時間*探偵の人数=調査料金

となります。例えば探偵1人の料金が15000円で、尾行に探偵2人(1人では尾行に失敗する恐れがあるので、通常は2人以上)で4時間かかったとすれば、

15000*4*2=12万円

が基本の調査料金になります。もちろんそこに、車両代、カメラなどの機材代、報告書作成代などが諸経費として別途かかってきます。

探偵1人の料金はここでは15000円としましたが、金額は探偵社により違いがあり、大手と呼ばれる会社でも、下は5000円~上は25000円までと金額の差も結構あります。

諸経費についても同様なので、いくつかの会社から見積もりを取り、比較しておいた方がいいでしょう。

失敗すれば料金不要「成功報酬制」

次に挙げるのが、もし「調査」に失敗したら調査料金を貰わないという「成功報酬制」です。今や多くの探偵社や調査会社がこの方式を採用しているらしく、サイトでも頻繁に目につきます。

調査を依頼する側にとっては、一見安心できるプランですが、「成功報酬」は探偵社によって定義が違います。

  1. 依頼人の望む結果が出なければ、一切料金が発生しない
  2. 探偵・調査員の過失で調査が失敗した場合のみ、料金が発生しない
  3. 調査が失敗した場合、成功報酬は貰わないが、調査にかかった費用は徴収する

一言「成功報酬」とは言っても、色々なパターンがあるので注意しましょう。3つの中では1.が最も依頼者にとって有利なものになりますので、費用見積もりの段階で、きちんとその点は確認しておきましょう。

何でもコミコミ「パック料金制」

基本的な探偵社の調査費用は「時間課金制」=(探偵の人数*時間給*調査時間+車両代などの諸経費)だと前述しましたが、「パック料金制」は、一回の調査に当たり、探偵の調査費+諸経費を全部ひっくるめて、いくらと金額を定義してあるものです。

時間課金制は調査が長引けば長引く程、料金がかさんでしまいますが、パック料金の場合は、調査期間が限定される反面、それ以上の料金がかからないというメリットがあります。

ただしパートナーの浮気が確実であり、浮気する日時や相手などが分かっている場合は、短時間で調査が済むため、パック料金だと割高になる可能性もあります。

こちらも多くの探偵社・調査会社で採用されている料金体系で、1日、2日、5日間など期間も色々と用意されているので、興味があれば、ぜひ一度調べてみて下さい。

参考
 浮気・不倫の無料相談窓口
 厳選・浮気調査ナビ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。