大体こんな流れです。~浮気調査の相談から報告まで~

浮気現場

最近、テレビでもよく取り上げられる「浮気調査」。昔よりも気軽に依頼できるという話も耳にするけれど、実際に依頼した人が周りにいるかというと、そんなことはありません。

今回は、始めての方向けに、「浮気調査」の流れをご説明します。

スポンサードリンク

まずは無料相談

「浮気調査」には、それなりに費用がかかります。もちろん結果をきちんと出すためには仕方がない部分もありますが、お金を出す方としては、できるだけ少ない金額で結果を得たいもの。

そのためには調査をしてもらう探偵社・調査会社の選択を間違ってはいけません。

幸いインターネットが発達した今の世の中、検索すれば多くの探偵社を見つけることができます。

まずはその中で自分にとって一番よいと思われる探偵社を見つけましょう。そのためにはどうすればいいか?

まずは、無料の電話・メール相談を利用することです。ネットで上位に検索される探偵社のサイトには、ほとんどと言っていい程、無料のメール・電話の窓口が設けられています。

目星を付けた探偵社(複数)に対し、この窓口を利用して相談してみましょう。無料だし、匿名も可なので心置きなく相談できます。

ここが肝心!調査見積り

無料相談窓口を利用して、探偵社を絞ることができたら、次のステップは探偵社と「浮気調査」の見積もりについて話し合います。事務所に出向くこともありますし、指定した場所、または自宅でもOKという会社もあります。

ここでは依頼者の話を聞き、具体的な調査日数や金額が提示されます。

このステップをいい加減にしてしまうと、後で追加料金を請求されたり、調査が失敗したりとトラブルの元になりますので、しっかりと書面で内容を確認し、疑問点はどんどん質問しましょう。

重要なのは基本調査料の内訳(調査時間*人数=人件費と車両費、機材、報告書代などの諸経費)と、延長料金や成功報酬など、基本料以外にどんなものがあり、それは妥当なのかをチェックすることです。

また報告書の精度(裁判でも通用するレベルのものか、浮気している・いないが分かる程度のものか)についても確認するべきです。

ちなみに多くの探偵社では、前払い制を採用しているため、契約時に調査費用を支払うことになります。

探偵の腕の見せ所「浮気調査」

このステップでは、探偵の活躍を祈りつつ、パートナーにばれないよう、普段の生活態度を崩さないよう努めましょう。

一番まずいのは、自分の態度や言動からパートナーに調査しているとバレてしまうことです。

バレてしまえば、いくら探偵が有能であっても調査は失敗しますし、ヘタをすればパートナーの心がより離れてしまうという結果にもなりかねません。

気になる心をぐっと押さえて、自分は女優・俳優だと暗示をかけ、つらい局面を乗り切りましょう。

探偵社によっては、調査の進行を随時連絡してくれたり、もし追加の料金が発生しそうな場合には、調査を続行するか問い合わせてくれるので、調査の進展が気になる方は、契約時にその旨も聞いておきましょう。

そして探偵を信頼して調査は彼らに任せることです。

冷静に聞こう!結果報告

調査が完了すれば、次は結果の報告となります。通常結果は文書やDVDなどにまとめられますので、報告は、調査後2,3日~1週間後になります。

文書のイメージは探偵社のサイトを覗けば大体分かると思いますが、証拠写真や動画、パートナーのその日の行動などが細かく記されたものになります。

結果報告を受ける際、「ああ、やっぱり」と納得する人、浮気を疑いながら、それでもパートナーをどこかで信じており、結果を見せられてショックを受ける人、と依頼者の反応は様々だと思いますが、少なくとも浮気を疑って悶々と悩む日々には終止符が打てたわけです。

女性が依頼する場合、パートナーの9割近くがクロだと言われています。ここが人生の分岐点だと思って、結果は冷静に受け止めましょう。

これからどうする?アフターフォロー

通常は結果報告までで、探偵の業務は終わりですが、会社によってはアフターフォローをしてくれるところもあります。

離婚するとなれば、離婚の手続きに関する法律相談から離婚問題に詳しい弁護士の紹介、復縁を望むなら夫婦カウンセラーによるカウンセリングなど、サポートが充実している会社もあるので、必要に応じて相談してみるといいでしょう。

もちろんこれらのサポートは有償である場合も多いため、確認してから相談するようにしましょう。

参考
 GK横浜探偵事務所
 総合探偵社・興信所MR

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。