夫が浮気?証拠を集めたい・・・ならば泳がせて!

浮気

夫が浮気をしている・・・女性の多くが決定的証拠はないまでも、なんとなく直感として男性の浮気は分かるそうです。

しかしながら、浮気を問い詰め、離婚するにしても決定的証拠が必要です。

あなたがどんなに直感に自信があっても”証拠”がなければ浮気という不貞行為をしたという証拠にはならないのです。

スポンサードリンク

夫を油断させる

夫の浮気に気づいた女性の行動の多くは白黒つけたがって本人に真っ先に問い詰める・探偵社にすぐさま相談して尾行などを頼む・自ら尾行したりして証拠を掴もうとするそうです。

人によっては感情的に男性に怒りを露にしたり、絶望感からうつ病のようになってしまう女性もいます。

いずれにしても感情的な行動といえますが、まず夫が浮気しているかもしれないと感じたら、普段と違うような言動をしないようにしましょう。

「夫が浮気している」と思うとついついカマをかけたくなったりしたくなるものですが、あくまで夫婦の会話はいつも通り、そして行動も普段と同じようにすることを心がけましょう。

浮気している男性は少なからずやましい気持ちを持っているのであなたの行動が変われば、なんとなく気づかれているかも?と思ってより一層警戒するものです。

浮気をバレやすくするためにもここは大きな心であえて普段通りにすることで相手にスキを作り油断させるのです。

怪しい!・・・でも指摘はNG

夫が浮気していることに気づくと日常の中でいくつか「これは怪しい」と思うことが出てきます。

帰りが遅い日が増えた、なぜか休日出勤が毎週、家族と出かけてくれなくなった・・・など数えればキリがないでしょう。

ついつい「最近、帰りが遅いけどどうしたの?」とカマをかけて聞いてみたくなるものですが、浮気の証拠を確実につかみたいと思うならばそこはグッと我慢をしましょう。

油断させることで、より明確な証拠が次々現れるというケースもあります。「怪しい!」と思っても即座に指摘するのはNGです。

大きな尻尾を掴むまではじっと我慢して動向を見守るのも大事なことです。

あなたが感情的に騒げば騒ぐほど、浮気はより巧妙にバレにくくやりこむ可能性もあるということを頭に入れておけば

冷静になれると思います。

怪しい点は記録を

夫の会話や行動で怪しいと感じる点も出てくることかと思います。そんな気づきがあったらノートにしっかり記しておくようにしましょう。

帰宅が遅い日には手帳に印をつけておくことで、何らかの規則性が見えてくることもあります。

浮気の証拠集めは個人でやられる方もいますがどうしても個人では難しい場合が多く出てきてしまいます。

尾行して決定的瞬間の写真を撮るということはなかなかできないものです。

ある程度、夫を泳がせて自分のできる範囲で証拠集めをしたらプロの探偵に調査を依頼するのが賢い方法かもしれません。そんな時にこれまでの夫の言動の怪しいメモ記録や帰宅時間の遅い日などの記録がとても役立ちます。

小さなことですが夫が怪しいと感じたら自分ができる範囲の小さな情報収集と記録をマメにするように努めることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。